自分の歯を有効活用する「自家歯牙移植」とは?

何らかの事情で歯を失った場合、たいていは「ブリッジ」や「インプラント」という方法で補うことになります。

この記事を読んでいるあなたも、すでにこれらの方法を歯科医院で提案されたり、事前に調べているのではないでしょうか。

 

しかしブリッジやインプラント治療には、それぞれにメリットがある一方で、同時にデメリットも抱えています。

「口のなかに人工物を入れることに抵抗がある」「他の歯を削ったり、あごの骨に器具を埋め込むのは嫌…」という方には、第三の選択肢として【自家歯牙(じかしが)移植】という方法をおすすめしたいと思います。

目次

1. 自家歯牙移植とは?

「自家歯牙移植」とは、「歯を失った部分に、別のところにある自分の歯を移植する」という治療のこと。

 

つまり、「健康な歯を抜いて、足りない部分に移し替える」というわけです。

 

例えば「親知らず」。

一般的には“必要のない歯”としてそのまま抜かれてしまう歯なのですが、この親知らずを“ドナー歯”として利用することで、欠損部分に移植することができます。

 

では、なぜそんなことができるのでしょうか?

自家歯牙移植の最大のポイントは、「歯根膜(しこんまく)」。

歯根膜は、歯と骨をつなぐ“接着剤”のようなもので、これがあることによって、歯の移植を可能にしているのです。

逆に言えば、ドナー歯の歯根膜が、移植成功のカギを握っていることになります。

2. 自家歯牙移植のメリットとデメリット

自家歯牙移植にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

他の治療方法と比較しながら説明していきます。

2-1. 自家歯牙移植のメリット

  • 自然な噛み合わせが期待できる

自家歯牙移植は自分の歯を移植するため違和感が少なく、これまで通り日常生活を送ることができます。

「食べ物を噛む感覚を大切にしたい」という方はこの治療を検討してみる価値があると思います。

 

  • 他の歯を傷つけない

ブリッジ治療では、歯を失った部分の両側の歯を削り、ブリッジと呼ばれる義歯を装着します。

ブリッジ治療は費用的にも比較的安く、かつ短期間で治療を終えることができますが、ブリッジを支える歯の耐久性に難があると言えます。

一方でドナー歯の抜歯を行う自家歯牙移植は、他の健康の歯を一切傷つけることなく治療を終えることができます。

 

  • 人工物を一切使用しない

入れ歯・ブリッジ・インプラントのように「口のなかに人工物を入れることに抵抗を感じる」という方はけっして少なくありません。

人によっては、金属アレルギーなどのリスクを懸念しなければならない場合もあります。

しかし自家歯牙移植では100%天然の歯を使用するので、それらのような心配は一切不要です。

 

  • 健康保険も使える

いくつかの制限はありますが、自家歯牙移植もブリッジ治療と同様に保険を使うことができます。

費用の面でもメリットがあるのはうれしいところですね。

もしも今後、自家歯牙移植を検討されるなら、施術内容が保険の範囲でカバー可能かどうかを必ず医師に相談するようにしましょう。

 

  • 治療後のフォローも可能

あごの骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療は、一旦埋め込んだ以上、位置を変更することはできません。

またブリッジ治療でも、一度削った歯を元に戻すことは不可能で、万が一、支える歯が虫歯になったり歯周病になったりした場合には、ブリッジの作り替えなどを検討しなくてはなりません。

一方、自家歯牙移植は、移植後に矯正を行うことも可能です。

長い目でみると、一定の融通性があるとう意味で、自家歯牙移植はブリッジ・インプラントに比べてメリットがあると言えるでしょう。

2-2. デメリット

  • 移植のための条件がある

さきほども説明したように、自家歯牙移植のカギは「歯根膜」にあります。

歯根膜にある再生細胞が正常に機能していなければ、ドナー歯と骨とを“接着”することができず、移植を成功へ導くことはできません。

自家歯牙移植を行うための大前提として、まずは「歯根がしっかり残っている」「歯周病になっていない」などの条件が必須となります。

 

またその他にも、ドナー歯の「根っこ」がシンプルな形状をしているかどうかという点も問われることがあります。

どちらにせよ、移植の適応条件をいくつか満たさなければならないという意味で、万人向けの治療ではないと言えるでしょう。

 

  • 保険適用にも条件がある

自家歯牙移植を保険の範囲で安く行うには、いくつかの条件を満たさなければなりません。万が一その条件から外れると、自費治療扱いとなるので注意が必要です。

保険適用条件 ・親知らずをドナー歯として用いる

・治療開始時点でドナー歯と受給歯(抜くべき歯)がまだ残っている

保険適用外 ・歯のサイズが合っていない

・すでに何らかの事情で抜歯が終わっている

 

 

  • 自家歯牙移植は永久的ではない

「自分の歯を移植するのだから、移植後は間違いなく定着するのでは?」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。

しかし残念ながら、実際の寿命は必ずしもそうであるとは言えないのです。

 

「移植した歯が抜け落ちない」「移植した場所にしっかりと留まっている」という観点でいえば、歯の移植(自家歯牙移植)の5年生存率は90 % (Tsukiboshi M, 2002)です。

インプラントの5年生存率は95 % (Fugazzotto et al, 2004)ですので、インプラントと同等の生存率だと考えていただきやすいでしょう。」

(引用元:https://www.tsuyukusa-dc.or.jp/15719895397767

 

以上のように、自家歯牙移植は永久的にそのドナー歯を維持するわけではないのです。

10年以上の視野に立って考えると、自家歯牙移植よりもインプラント治療の方がよいと言われています。

 

  • 高度な外科技術なのでどこでも施術できるわけではない

歯根膜が成功のカギを握る自家歯牙移植では、歯根膜をできるだけ傷つけずにドナー歯を抜歯することが要求されます。

そのため自家歯牙移植に関する十分な知識・経験・技術が不可欠です。

こうした理由から、自家歯牙移植どの歯科医院でも気軽に行えるというわけではないということに注意しましょう。

2-3. ブリッジやインプラントとの比較まとめ

  自家歯牙移植 ブリッジ インプラント
噛み合わせ
他の歯への負担
長期安定性
費用 ×

3. 自家歯牙移植の流れ

以下に、自家歯牙移植のおおまかな施術フローを解説いたします。

 

①検査

虫歯や歯周病の検査を行い、CTやレントゲンで自家歯牙移植が可能か調べていきます。

 

②移植手術

局部麻酔をかけて手術を行います。

痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

手術は1時間程度で終わります。

 

③術後3日間

手術が終わったあとは、通常通り日常生活を送ることができます。

ただし、術部から出血が伴ったりすることがありますので注意が必要です。

食事はなるべく柔らかめのものを食べるようにしましょう。

 

④術後から一ヵ月以降

噛み合わせを確認したり、ドナー歯を固定するための被せ物を装着していきます。

4. まとめ

自分の歯を欠損部分に移植する自家歯牙移植。

自然な噛み心地を実現しつつ、お口のなかに人工物を入れずに済むので、ブリッジ・インプラントに代わる第三の選択肢として、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する