糖尿病でもインプラントはできますか?

血糖値のコントロールが難しくなる糖尿病は、様々な合併症を引き起こしやすい生活習慣病の一種です。

このような病気を抱えている場合でも、インプラント手術を受けることは可能なのでしょうか。

今回は、糖尿病患者がインプラントを受けることができるか、また気を付けるべきことは何なのかをご紹介します。

 

目次

1 糖尿病でもインプラントは可能だが注意も必要

糖尿病であっても、インプラント手術を受けることはできます。

ただし、健康な人に比べて、気を付けなくてはならないリスクも多いということが既に知られてもいるのです。

糖尿病患者がインプラント手術を受けることに関して、どのような問題・リスクが存在するのか、ご紹介します。

1-1 糖尿病だとインプラント手術において何が問題になるか

糖尿病の患者さんは、手術の傷が治りにくい、免疫力が低下しているという点が大きな課題になります。

 

一般的なインプラントでは、歯肉を切り開いてインプラント体を埋め込む必要があるため、傷口ができてしまいます。

一般的な回復力があれば、傷口(手術痕)が徐々に閉じていくのですが、糖尿病になっていると、傷口周辺の細胞に栄養や酸素が十分に行き渡りにくくなり、傷の治りが遅くなってしまいます。

 

また、糖尿病の場合、免疫細胞自体の力が弱まっています。

口の中は雑菌が繁殖しやすい環境であり、健康な人がインプラントを受けた場合でも細菌が繁殖してしまうこともゼロではありません。

手術痕で細菌が繁殖してしまうと、最悪の場合インプラント体の脱落などが発生して再手術となってしまいます。

 

糖尿病を患っている場合、さらに口の中が乾燥して雑菌が洗い流されにくくなり、余計に口腔衛生が悪化しやすくなるという点も問題です。

傷口が治りにくいために、こうした細菌感染のリスクが高い期間が長引きやすいという点が、手術失敗の大きなリスクになってしまいます。

 

1-2 インプラントをした後のリスクは

手術時や治療中の課題点はありますが、インプラント手術が完了した後のリスクはそこまで大きくありません。

ただし、健康な人に比べて口腔内の衛生環境が悪化しやすいので、歯磨きやデンタルフロスを使った歯科衛生の維持・向上に努めてください。

 

特に、インプラント手術後に歯周病になってしまうと、インプラント周囲炎というトラブルに発展するリスクが高まります。

人工歯を支えている骨組織が溶けて、インプラント体が抜け落ちてしまうのです。

 

糖尿病の方は、インプラント周囲炎になるリスクがほかの患者さんに比べて高いという可能性を考慮して、より丁寧に、口腔衛生状態を良くしておくことが理想だといえるでしょう。

1-3 重度の糖尿病では手術を断られる可能性もある

糖尿病の患者さんでも基本的にはインプラント手術を受けることができますが、血糖コントロールの状態があまりによくない場合、手術そのものを断られてしまう可能性もあります。

 

重度の糖尿病の場合、手術中に低血糖発作や高血糖発作が発生するリスクがあります。

どちらの症状も最悪の場合昏睡状態になり、命の危険が生じます。

歯科医院ではこれらの緊急事態に対処できません。

 

セカンドオピニオンを取って他のインプラント治療を行ってくれる歯科医院に行くこともできますが、糖尿病の病状をある程度コントロールしてから、再度訪れて手術に進むことをおすすめします。

 

2 糖尿病の人がインプラントを受けるときに気を付けること

糖尿病の患者さんは、そうでない人に比べて、インプラントを受ける際に気を付けなくてはいけない点がいくつかあります。

事前にチェックし、どのように治療を進めていくか、イメージしてみてください。

2-1 事前に歯科医、医師に相談する

まずは、事前に説明を行う必要があります。

インプラントを担当してくれる歯科医と、糖尿病を管理してくれている医師に、それぞれ情報を伝えましょう。

 

「もし話して断られたらイヤだな……」と考えてしまいたくなる気持ちは分かりますが、実際のインプラント手術を行う前に糖尿病であることを伝えていないと、手術時の様々なリスクについて歯科医が認識することができず、医療事故に繋がりかねません。

 

また、医師に対してもインスリン注射に関する情報や、薬の飲み合わせなどの点から、必ず事前に相談し、意見を仰いでください。

 

双方の歯科医、糖尿病治療医に対する事前相談なしでのインプラント治療は、患者さんにとって、命に係わる重大なリスクになりえる危険性があります。

繰り返しになりますが、絶対に、糖尿病である点に関して事前に相談した上で、双方の了承を取り付けてから受けるようにしてください。

 

2-2 インスリン注射などは医師の指示を受けて

糖尿病の患者さんは、インスリンの分泌量が少なくなっており、それによって様々なトラブルを抱えています。このインスリンを補うために、普段であれば食後など、1日のうちで決まったサイクルで注射を行うのが一般的です。

 

このインスリン注射を打つタイミングを、手術に際して変更しなくてはいけない場合があります。

インプラント手術中の低血糖発作、高血糖発作などを起こさずに済むようにするための措置で、これらを自己判断で行うことは非常に危険です。

 

医師と事前に打ち合わせの上、指示を守って正しく注射を行ってください。

また、何らかのミスでタイミングを逃してしまった場合は、歯科医と相談のうえで手術日を変更するなどの措置をとったほうが安全です。

2-3 術後の口腔衛生には特に気を付けること

上でもご説明した通り、糖尿病患者の方の手術は、インプラントに限らず傷口の治りが遅くなりやすく、感染症のリスクが高くなることが一般的です。

また口の中が乾燥しやすくなり、雑菌の繁殖も進みやすくなります。

 

口腔衛生状態が悪いと、インプラント手術後の傷の治りがさらに遅くなるだけでなく、インプラント体の固着がうまくいかず、再手術になる危険性が高くなります。

また、細菌が増えやすい条件が整うことで、歯周病など、健康な歯へのリスクも増大します。

 

これらの口腔衛生環境を整えていくために、歯科医の提言を聞き、治療方針をよく理解したうえで、その方針に沿った治療を続けていく必要があります。

 

また、糖尿病を患っている場合は、インプラント体を埋め込むための手術が完了した後も、健康的な人より口内環境が悪化しやすい傾向にありますので、歯磨きやデンタルフロスなどによるお手入れは、入念に行っていく必要があります。

3 リスクはあるが、手術を受けること自体は可能

糖尿病患者の方でも、インプラント手術を受けること自体は可能です。

しかしながら、健康な方に比べて、手術中、手術後のリスクが高くなってしまうことは把握しておきましょう。

 

実際に糖尿病を患っている方がインプラント手術を受けた後の追跡調査が数件行われており、『血糖コントロール状態が良い患者であれば、非糖尿病患者と同様の結果が得られる』という結論が出されています。

 

ただ、同様に『インプラント手術の成功・失敗はほかの要因もあるため、必ずしも糖尿病かどうかに原因があるとは言い切れない』という補足もなされていることも事実です。

 

糖尿病であるからと言ってインプラントが受けられないわけではありませんが、糖尿病の治療をしてくれている医師、そしてインプラント手術を行ってくれる歯科医に必ず事前に報告したうえで、適切な治療を選択していくことが重要となります。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する