妊娠中はなぜ歯周病にかかりやすい?早産のリスクを上げないための予防と治療とは

歯茎に炎症が起きて腫れ、歯磨きをしていると痛んだり出血したりなど、不快な症状である歯肉炎。

その炎症が進行し、歯を支える骨にまで腫れが広がっていることを「歯周病」と言います。

歯周病が進行すると、歯が抜けてしまう事態に繋がることも。

 

妊娠中は、そんな歯周病にかかりやすいと聞いたことはあるでしょうか。

妊娠前から歯肉炎や歯周病にかかっている人は、妊娠中に進行しやすい傾向もあるようです。

しかも、歯周病の影響は口の中のトラブルだけでなく、お腹の赤ちゃんへ影響を及ぼす場合もあると言われています。

 

そこで今回はなぜ妊娠中は歯周病にかかりやすいのかという原因とともに、歯周病にならないための予防や、妊娠中に受けられる治療についてまとめました。

目次

1.妊娠と歯周病の関係

1-1.妊娠中はなぜ歯周病にかかりやすい?

妊娠中は歯周病にかかりやすいと言われていますが、それはなぜなのでしょうか。

まずは理由を知っておきましょう。

1-1-1.妊娠中の口内環境の変化

妊娠中はホルモンバランスの変化に伴い、口内環境も変化します。

中でも、妊娠中に分泌量が増える“エストロゲン”という女性ホルモンは、一部の歯周病菌の栄養となって増殖を促してしまうと言われています。

これが、妊娠中に歯周病にかかりやすい大きな要因です。

 

また、ホルモンバランスが変わることの影響で、唾液の分泌量が減ることも原因の1つと考えられます。

唾液による、口内の自浄作用が減少するためです。

結果、歯周病の原因となる細菌だけでなく、虫歯菌なども増えやすくなります。

1-1-2.つわりによる口腔ケア不足

妊娠中はつわりの症状に悩まされる人も多いでしょう。

個人差はありますが、口の中に歯ブラシを入れることさえも辛いと感じ、十分に歯磨きができないという人もいます。

 

また、つわりにより食べ物を何回かに分けて食べているという場合は、食べた後すぐの歯磨きができないこともあるでしょう。

 

食後に十分な歯磨きができないままでいると、口の中には歯垢が作られ、溜まります。

実は歯周病の原因となる細菌は、この歯垢の中に潜んでいます。

つまり、妊娠中のつわりなどによる不十分な口腔ケアが、歯周病のリスクを高めてしまうというわけです。

 

妊娠前から歯肉炎や歯周病を持っていた方は、これにより、さらに進行してしまうこともあります。

1-2.妊娠中の歯周病がお腹の赤ちゃんへ影響する?

そんな口内環境が悪化しやすい妊娠中ですが、妊娠中の母親が歯周病にかかっている場合、早産のリスクや低体重児が産まれるリスクが上がるというデータもあります。

しかも、歯周病の進行度合いが大きいほど、そのリスクは高まるとのこと。

 

その要因として考えられているのが、歯周病の原因となる細菌の病巣部から出る、“サイトカイン”という情報伝達物質。

口内に細菌が増えると、この“サイトカイン”が血液中に出されます。

この物質の血中の濃度が高くなると、子宮筋が収縮し、出産を誘発してしまうのです。

 

歯周病にかかっている妊婦全員が早産になったり、お腹の赤ちゃんが大きくならず低体重のまま出産に至ってしまったりする、というわけではありません。

しかし、歯周病がない人に比べて、ある人はリスクが高くなる傾向があることは覚えておきましょう。

2.妊娠中の歯周病予防

2-1.正しい口腔ケアを心がける

妊娠中にも歯周病を予防するには、まず口内を清潔に保つことが大切です。

清潔な口内には、歯垢は溜まりません。

つまり、口内を歯周病の原因となる細菌が増えない環境にしておくのです。

 

そのためには、食後の歯磨きは欠かせません。

歯垢は食後4~8時間程度で作られると言われているため、それまでに磨きます。

歯ブラシが舌に当たったり、唾液が喉の方へ溜まったりすると吐き気を感じる場合も多いので、ヘッドが小さめの歯ブラシを使い、前かがみになって磨くといいでしょう。

 

どうしても歯磨きができない場合は、デンタルリンスなどを使い、うがいだけでもしておくのをおすすめします。

つわり中でも、口内がさっぱりするタイプのデンタルリンスであれば問題なく使えたという人も多いようです。

2-2.甘いものや糖質の摂り過ぎに注意

甘いものや、ご飯やパンなどの糖質の摂り過ぎは、口内環境の悪化の原因になります。

妊娠中は食べ物の趣向も変わりますし、バランスのよい食事が大切ですが、摂り過ぎには要注意。

体重の管理のためにも、甘いものや糖質は適度な量を考え、工夫してみてください。

 

また、食べつわりなどで、食事の回数が増えることもありますが、食べた後にはできる限りすぐに歯磨きをすることを習慣づけましょう。

2-3.妊婦歯科検診を受けよう

妊娠中でも歯科検診を受けることはできます。

自治体によっては、妊娠中の歯科検診を実施していることもあるようです。

また、かかりつけの歯科医院などで歯科検診が受けられるよう、補助券が出る地域もあります。

安定期など、体調の良い時に歯科検診を受けておきましょう。

3.妊娠中の歯周病治療

3-1.妊娠中に歯周病治療は受けられる?

妊娠中に歯科検診を受け、歯周病にかかっていると分かった時には、治療を受けてもいいのか心配になる人もいるでしょう。

 

結論から言うと、治療は受けられます。

歯周病の基本的な治療は、プラークコントロールです。

プラークとは歯垢のことで、クリーニングして歯垢を除去したり、歯垢が固まって歯石になっている場合は歯垢を除去する治療を行います。

 

また、先述した通り、歯周病予防のために大切なのは普段の歯磨きで歯垢を作らないことです。

そのため、ブラッシング指導などを行ってくれる場合もあります。

正しい口腔ケア方法を知り、日常的にケアしていきましょう。

 

歯周病が進行し、外科手術が必要な治療は、妊娠中の場合避けられることが多いです。

出産後に治療をするため、治療計画を立ててもらいましょう。

産後は育児で忙しく、治療に通うのが難しいこともありますが、歯周病は産まれた赤ちゃんへもうつることのある感染症です。

妊娠中から産後の治療計画を立て、治療中は赤ちゃんを誰に預けておくかや、授乳などについても考えておくと、安心して治療に入ることができるでしょう。

3-2.妊娠中の治療で気をつけたいこと

妊娠中に治療を受ける際には、妊娠していることを医師やスタッフに必ず伝えましょう。

麻酔やレントゲン、服薬なども考慮して治療内容を提案してもらえます。

 

また、お腹が大きくなってくると、診察台で仰向けになるのが辛いこともあります。

座ったままの診察をしてもらえることもあるので、遠慮なく辛いことを伝えてみましょう。

4.まとめ

昔は子どもを1人出産するたびに歯が1本なくなる、と言われることもありました。

妊娠中のホルモン変化や口腔ケアが難しくなる影響で、口内環境が悪化しやすいことも、その原因の1つにあったと考えられます。

 

さらに妊娠中の歯周病は、早産や低体重児出産のリスクが上がるというデータもあり、不安になるかもしれませんが、まずは普段の口腔ケアをしっかり行っていきましょう。

妊娠中は体調不良で、歯磨きが十分にできないこともあると思いますが、できる範囲で口の中を清潔に保つことを意識してみてください。

また、安定期など体調が安定している時に、歯科検診を受け、治療やブラッシング指導を受けておくと安心です。

心配なことは1つでも減らし、出産や育児に挑めるようにしましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する