「虫歯と歯周病で歯がボロボロ…」。どうすればいい?

虫歯や歯周病で歯がボロボロになり、「先生に叱られるのではないか」「口の中を見られるのが恥ずかしい」などと受診をためらっている方もいるのではないでしょうか。

 

確かに歯がボロボロになったのは、歯のケアを怠ってしまったのが原因。

しかし、クヨクヨしていても健康な歯は取り戻せません。

 

ボロボロになってしまった歯でも、さまざまな治療法を使って機能を回復できる可能性があります。

「これからはしっかり歯を守る」という気持ちがあれば、歯科医院の先生も最適な治療計画を提案してくれるはず。まずは歯科医院に相談してみましょう。

目次

1.歯がボロボロになる原因とは?

年齢を重ねれば、だれでも歯がボロボロになるものと思っていませんか。

 

確かに歯や歯茎にも老化はありますが、毎日、ケアを怠らなければ老化を遅らせることはできますし、いつまでも自分の歯を使い続けることも夢ではありません。

 

歯がボロボロになる原因は、大きく分けて「歯周病の放置」と「虫歯の放置」です。

「たかが虫歯」「歯茎から血が出たくらいのこと」などと放置していると、虫歯や歯周病はどんどん悪化していきます。

 

虫歯や歯周病はどのように悪化していき、最後はどうなるのでしょうか。

1-1虫歯

虫歯の原因は、歯の歯垢(プラーク)の中に潜む細菌です。

細菌には数多くの種類がありますが、虫歯に関わる細菌のことを総称して「虫歯菌」と呼んでいます。

虫歯菌として、代表的なのがミュータンス菌です。

 

ミュータンス菌は、歯の表面に付着し、食べ物の糖分を餌にして活動します。そして、糖分を摂取して酸をつくりだしていきます。この酸が歯を溶かした状態が虫歯です。

 

初期の虫歯は、歯の表面のエナメル質が溶かされるだけですが、放置していると歯に穴が空き虫歯菌は歯の内部に進行していきます。

虫歯が内部に進行していくと、冷たい物や熱い物がしみるようになり、痛みもでてきます。

 

最後は、歯の根元だけが残った状態になります。

この状態になると歯の神経が死んでしまうので、痛みはありません。

 

1-2歯周病

歯周病の原因も歯垢に潜んでいる細菌です。歯周病の原因となる細菌を歯周病菌と総称しますが、その種類は約300種類と言われています。

 

歯垢が歯に付着すると、その中に多くの細菌が棲みつくのですが、その中の歯周病菌は毒素を出します。

毒素によって歯茎が炎症を起こし赤く腫れた状態を歯肉炎といいます。

 

歯肉炎になると、歯磨きをしたり固い物を噛んだりしたときに、歯茎から出血することがあります。

 

歯周病菌を含む歯垢は歯と歯茎の間にたまり、しだいに歯茎の奥に進んでいきます。

こうして、歯茎の奥まで進んだ歯周病菌が出す毒素で歯茎など歯を支えている組織が破壊されていくのが歯周病です。

 

歯周病が進行すると、歯茎から膿が出て口臭もひどくなります。

また、顎の骨が溶かされて歯がグラつくようになり、最後は抜け落ちてしまいます。

 

2.ボロボロになった歯の治療の進め方

ボロボロになってしまった歯の治療には、やはり時間がかかりますし、治療法によっては高額な費用もかかります。

 

具体的にどのような治療が行われるのか、説明しましょう。

2-1治療の大まかな流れ

1.まず歯垢や歯石を取り除き、口の中を清潔にしたうえで、歯の状態をチェックします。レントゲンや歯科用CTなどを使って歯の状態を確認します。

 

2.そのまま放置しておくと周囲の歯に悪影響を及ぼす歯については、抜歯しなければならないことがあります。抜歯は健康保険が適用されます。

 

3.歯の状態や患者本人の希望に合わせて、治療計画を決めます。保険診療内での治療も可能ですが、保険治療には限界があります。できるだけ自然の歯に近い状態で、見た目も良くしたいのであれば自費診療になります。

 

4.仮歯などを作成して本格的な治療の開始です。治療には、被せ物や詰め物のほか、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの方法があり、それらを組みあわせて、歯の機能を修復します。見た目を重視する場合はセラミック素材を使います。

2-2虫歯治療

虫歯菌によって歯の表面が溶かされただけの軽い虫歯であれば、1,2回の通院で治療は終わります。しかし、歯に穴が開いていたり、ひどく痛んだりする進行した虫歯では、被せ物や詰め物を使った治療が必要になります。

 

歯が既に抜け落ちていたり、抜歯したりした場合は、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの方法で歯の機能を回復します。入れ歯やブリッジは保険診療でも可能ですが、素材などに制限があります。インプラントは自費診療です。

2-3歯周病治療

歯周病の治療は、進行具合にかかわらず歯と歯茎の間の「歯周ポケット」に溜まった歯垢(プラーク)を取り除く「プラークコントロール」が基本です。

 

スケーラーなどの専用機器を使って歯石や歯垢を除去しますが、歯周病が進行している場合は歯茎の一部を切除して歯石などを取り除きます。レーザーを照射して歯石の除去や殺菌を行う歯科医院もあります。

 

歯を支える顎の骨まで溶けてしまった場合は、自分の骨や人工骨を移植する「再生治療」も検討します。また、人工膜や生体材料などを使い、歯を支える組織を再生する治療法もあります。再生療法は一部をのぞいて自費診療です。

3.失った歯の機能を取り戻すには?

虫歯や歯周病で歯が失われた場合、そのまま放置すると、歯並びが乱れたり、残っている歯に余計な負担がかかったりして、口の中の環境はますます悪化していきます。そのため、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの方法で歯の機能を回復することが大切です。

 

入れ歯とブリッジ、インプラント、それぞれの特徴を説明します。

3-1. 入れ歯

入れ歯には、総入れ歯と部分入れ歯があります。

 

保険診療の場合、入れ歯はレジンという歯科用プラスチック素材を使って作られ、総入れ歯は歯茎の上に乗せて使います。部分入れ歯は残った歯にバネをかけて固定します。

 

自費診療になると、素材を自由に選べるようになります。入れ歯の土台となる「床(しょう)」という部分に金属を使うと丈夫で、つけているときの違和感も軽減されます。また、バネを使わずに固定できる部分入れ歯や、インプラントを使って固定する入れ歯もあります。

 

入れ歯のメリットは、基本的に手術が不要で、治療や通院の回数が短くてすむこと。保険適用での製作が可能なことです。

 

デメリットは、装着したときに違和感があることや、取り外して手入れをする必要があることです。また、バネで固定する入れ歯は、健康な歯に負担をかけてしまいます。

 

3-2. ブリッジ

ブリッジは失われた歯の両隣の歯を土台にして、人工の歯を装着します。入れ歯と違い、いちいち取り外す必要がなく、安定しているので、しっかり噛むことができます。

 

入れ歯のように取り外す手間がかからないのがメリットで、素材によっては保険が適用されるうえ、治療期間や回数も比較的短く済みます。

 

一方、両隣の健康な歯を削る必要があり、本来健康な歯に大きな負担をかけてしまうのがデメリットです。土台の歯が虫歯になってしまうこともよくあります。

 

3-3. インプラント

インプラントは歯を失ってしまった部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込む治療法です。人工歯根の上部がネジのようになっていて、その上に人口歯を装着します。

 

骨にしっかり固定されるので、天然歯と変わらない噛み心地を実感できるのがメリットで、周囲の歯にも負担をかけません。また、人工歯はセラミックが使われ、見た目も天然歯と変わらない仕上がりが期待できます。

 

デメリットとしては、外科手術が必要で治療に時間がかかること、すべて自費診療で費用が高額になることが挙げられます。

4.被せ物の素材は何を選ぶ?

インプラントや入れ歯、ブリッジは歯が失われたときの治療法ですが、歯を抜かずに詰め物や被せ物で治療できることもあります。

 

詰め物や被せ物の治療では、どんな素材のものを使うのかが肝心です。詰め物や被せ物に使われる素材について説明します。

4-1. 銀歯(パラジウム合金)

一般的な治療に使われる素材で、保険が適用されるため、治療費を抑えられます。しかし、目立ちやすく、虫歯が再発しやすいのが難点です。金属アレルギーを引き起こすこともあります。

4-2.コンポレットレジン

歯科用プラスチックで、色が白いので治療跡が目立ちません。保険も適用されます。ただし、強度が弱いため、大きな力がかかる奥歯や被せ物には使えません。時間が経つと、変色し摩耗します。

4-3. 金歯

金は金属アレルギーの心配がほとんどなく、歯によくなじむため虫歯になりにくい素材です。摩耗したり変形したりすることなく長く使えます。

 

金色で目立つのがデメリットで、自費診療のため治療費も高額になります。

4-4. セラミック

セラミックは陶材の一種で、色が白く、天然歯に近い仕上がりが期待できます。セラミックは近年、さまざまな素材が開発され、患者側の選択肢も広がっています。以前は破損することがデメリットでしたが、強度の高い製品もあります。

 

保険の対象となるケースがありますが、多くの場合、自費診療となります。

まとめ

ボロボロになった歯の治療は、すべて保険診療で行うこともできますが、さまざまな制限があり、機能の回復には限界が生じることもあります。

 

歯や歯茎など口の中の環境によっては、自費診療の治療が必要になることもあります。セラミック素材を使えば、天然歯と変わらない見栄えが期待できますし、インプラントであれば噛む力の回復が期待できます。

 

自分の希望や予算などに合わせて、歯科医師とよく相談しましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する

関連記事