知っていますか?口臭と歯周病の意外な関係

口臭と歯周病は、何の接点もないように思いますが、実は繋がっています。

 

なぜなら歯周病は、口臭の原因なり、口臭がある場合には歯周病を引き起こしている可能性があるからです。

 

とはいえ、歯周病も口臭も自分では気づきにくく、他人にニオイを指摘された時には症状が悪化していることがほとんどです。

 

そこで今回は、口臭と歯周病について解説していきます。

 

最後には、歯周病や口臭の予防法についても紹介しているので、口臭が改善しないと悩んでいる方は是非、この記事を参考にして下さい。

目次

1 口臭の種類

そもそも口臭が発生する原因は、次の4つに分けられます。

 

・生理的口臭

・外因的口臭

・心理的口臭

・病的口臭

 

それぞれについて簡単に解説していきます。

1-1:生理的口臭

生理的口臭とは、健康な人でも起こる口臭のことです。

 

例えば、起床後や空腹時には、口臭を強く感じる場合があります。

 

これは、唾液の量が少なくなって口の中が乾燥していたり、舌苔(舌の表面に付いている白い汚れ)が多く付着したりするのが原因です。

 

他にも、加齢や妊娠中による口のニオイも生理的口臭になります。

 

生理的口臭が原因の場合には、舌磨きや食事をする、水分を補給すると改善します。

1-2:外因的口臭

外因的口臭は、ニンニク、ネギなどのニオイのある食材や酒、タバコによって発生する口臭のことです。

 

そのため、外因的口臭の場合には、唾液の洗浄効果で時間が経つとニオイが落ち着くことがほとんどです。

1-3:心理的口臭

・口臭検査でも口臭が認められない

・本人だけが口臭に敏感

 

といった症状を心理的口臭と言います。

 

別名、「口臭症」「自己臭症」と呼ばれることもあります。

 

自分の過去のトラウマストレスが原因で、強い口臭があると感じてしまうと言われています。

1-4:病的口臭

病的口臭は、病気が原因で嫌なニオイが発生することです。

 

病的口臭には次の2つの種類があります。

 

・虫歯や歯周病といった口の中の病気が原因の口臭

・糖尿病、肝臓病など体の病気が原因で発生する口臭

 

病気による口臭は、自然に治まることはなく治療が必要になります。

2 歯周病が口臭を発生させる仕組み

歯周病になると、なぜ口臭が気になるようになるのでしょうか?

 

口臭が発生する仕組みは、次の通りです。

 

①歯周ポケット内の歯周病菌が増殖

②揮発性硫黄化合物発生(VSC)

③揮発性硫黄化合物が唾液に溶ける

④呼気に口臭成分として含まれる

 

流れを詳しく見ていきましょう。

 

①歯周ポケット内の歯周病菌が増殖

まず、歯周病は歯の周りの組織(歯茎や骨)を壊す病気です。

 

歯磨きが不十分で、多くの汚れが長時間口の中に残っていると、汚れの中にいる細菌がどんどん数を増やしていきます。

 

細菌の中でも特に歯周病菌は、苦手な酸素が行き届かない歯茎の中に侵入していきます。

 

歯周病菌は歯茎に炎症を起こしたり、歯を支えている骨を溶かしたりしながら歯茎の奥に進んでいくため、歯と歯茎の境目である歯周ポケットが深いほど、歯周病が進行していることになるのです。

 

②揮発性硫黄化合物発生(VSC)

歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌は、どんどん数を増やしながら、剥がれた粘膜の細胞や食べカスの中のタンパク質などを分解して、揮発性硫黄化合物Volatile Sulpher Compounds)というガスを発生させます。

 

このガスが、歯周病の独特な嫌なニオイの原因になります。

 

③揮発性硫黄化合物が唾液に溶ける

VSCはガスなので、すぐに唾液に取り込まれて口全体に広がります。

 

④呼気に口臭成分として含まれる

唾液に取り込まれたVSCは、呼気として排出されます。

 

歯周病になると口臭が酷くなる理由は、歯周病菌が発生させたVSCが強烈なニオイだからです。

3 歯周病の特徴的な「3つのニオイ」

口臭を感じた時に、始めに疑う症状が歯周病です。

 

歯周病は、世界で最も患者数が多い病気としてギネスブックにも掲載されているほど、身近な病気だからです。

 

歯周病が原因で発生する口臭には、次のような3つの特徴的なニオイがあります。

 

それぞれの特徴について簡単に説明していきます。

3-1:野菜が腐ったようなニオイ

歯周病の方の口臭検査で、圧倒的に多いガスがメチルメルカプタンです。

 

野菜が腐ったようなニオイが特徴で、口臭以外にもオナラにも含まれているガスになります。

 

またメチルメルカプタンは、日本の法律では毒物に指定されているほど危険なガスです。

 

その毒性は、青酸ガスに匹敵するとされていて、メチルメルカプタンのガス量が多いほど歯周病を悪化させることがわかっています。

3-2:卵が腐ったようなニオイ

メチルメルカプタンの次に、歯周病の口臭の原因とされるガスが硫化水素です。

硫化水素は卵が腐ったニオイ、腐卵臭(ふらんしゅう)が特徴的なガスになります。

 

また、硫化水素は舌苔にも多く付着していることから、生理的口臭の原因にもなっています。

3-3:生ゴミのようなニオイ

ジメチルサルファイドは、生ゴミのようなニオイのガスです。

 

また、ジメチルサルファイドには磯の香りの元になっている成分で、海苔のニオイにも含まれています。

4 口臭と歯周病の対策

口臭の原因が歯周病にある場合や、歯周病が原因で口臭が発生している場合には、次の3つの対処で改善することが可能です。

4-1:歯周病の治療を受ける

歯周病治療は、歯周ポケットの中の汚れや根っこに、こびり付いている歯石を除去して歯周病菌の住処をなくすのが目的です。

 

歯周病治療をせずに放置していると、炎症部分が化膿して歯周病菌が放出するVSCと膿のニオイが混ざって、ニオイがさらに酷くなる可能性が高いです。

 

口臭を改善したいなら、歯周病治療を受ける必要があります。

歯周病治療では、小さい鎌のような器具を使って汚れや歯石を取り除いていきます。

 

痛みを感じるのが苦手な方や歯周ポケットが深い場合には、麻酔をして治療を進めるケースもあります。

 

歯周ポケットが深かったり、根っこの本数が多い奥歯の治療では、汚れを取り除くのが難しく、術者の高度な技術が必要です。

 

また、歯周病が重度に進行していて、根の形態が複雑なケースでは、歯周外科治療を行うことがあります。

 

歯周外科治療では、歯茎の一部分を剥がすことで、汚れや歯石が付着している部分が確実に取り除くことが可能です。

 

このように歯周病治療では、ガスを出す歯周病菌を除去できるため、口臭が改善します。

4-2:セルフケアに力を入れる

歯周病治療を受けても、毎日の歯磨きが不十分であれば、歯周病は再発します。

 

歯周病が再発するということは、口臭もまた発生するようになります。

これまで何度も通院した時間や費用が水の泡です。

 

さらに、歯周病治療を繰り返し行うと、歯が長く見えるようになって見た目が悪くなります。

 

歯や根っこに付着している汚れや歯石が除去されると、歯茎の炎症が少しずつ落ちつくのと同時に、引き締まってきます。

 

歯茎が腫れては、引き締める治療を繰り返すと、歯茎の位置がどんどん下がった位置で引き締まるため歯が長く見えるのです。

 

再治療をしないようにするためには、歯に汚れが付いていない状態を維持することが大事になります。

 

特に歯磨きだけではなく、歯と歯の間の汚れを取るデンタルフロスや歯間ブラシといった補助道具を使用するのが効果的です。

 

とはいえ、間違った使用方法は、歯茎を傷つけることになりかねません。

 

正しい歯磨き方法や、自分の口に適した道具の使い方を担当医や衛生士に確認しましょう。

4-3:定期検診に通う

定期検診は、歯周病と口臭の両方の予防になります。

 

細かい汚れや歯石を除去することは、歯周病菌の増殖を防いで、ガスを発生させない環境を作り出すのにも繋がります。

 

歯周病の進行状態や口の環境によって、検診に通う頻度は違います。

担当医と話し合い、適切な期間で診てもらうようにしましょう。

5 口臭は「病気のサイン」

口臭は、歯周病を教えてくれるサインです。

 

ただ、口臭を感じて、歯茎の腫れや出血があるといった条件があっても、自己判断で原因を明確にするのは難しく、間違った対処法を行うと症状やニオイを悪化させる場合もあります。

 

そのため、口臭に気づいたら早めに、歯科医院へ相談にいきましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する