なぜあなたの歯周病は改善しないのか?

ガンコな歯周病に悩まされていませんか?

何回も通院しているのに一向に改善されるきざしがないとお困りではないでしょうか?

 

もしかしたら今受けている治療だけでは完治しないかもしれません。

歯周病にはいくつかの治療方針があります。

 

今回は、一般的によく行われているPMTCと、より効果的な治療法である歯周内科治療についてご紹介します。

目次

1 歯周病治療はPMTCから始められる場合が多い

歯周病は、歯と歯茎の間に溝ができ、そこで雑菌が繁殖して炎症を起こす病気です。

歯茎の腫れ、出血、虫歯といったお口のトラブルだけでなく、口臭の原因にもなり、さらには心筋梗塞・脳梗塞などのリスクも高めることから、なるべくしっかりとした治療が求められます。

歯周病は、はじめにPMTCという治療から始められることが多く、初期の歯周病であればこの治療と日ごろのブラッシングである程度の病状改善が見込めます。

1-1 PMTCとは?

PMTCはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医院における専用の器機を使用した歯科クリーニングのことを指しています。

自分たちで日常的に行っているブラッシングだけでは、どうしても磨き残しが出てしまいます。

歯垢が取り切れていない状態が続くと、歯に残った歯垢が歯石に変化し、これが歯周病や虫歯の原因となります。

PMTCでは、取り切れていない歯垢を除去することはもちろん、歯石の除去、歯と歯茎の間にある小さな溝(歯周ポケット)の中にたまっている雑菌の洗い流しなどを行います。

1-2 PMTCで改善できることと改善できないこと

PMTCでは、歯垢・歯石の除去、虫歯の予防、歯周病や歯肉炎の改善と予防、歯の表面に付いたタバコのヤニなどによる着色を落とす、などの効果が期待できます。

また、歯の表面に汚れが付きにくいよう、フッ素コーティングを施してくれる場合もあります。

 

一方、口内細菌の数・バランス自体は大きくは変化しません。

歯の表面に付着した菌や歯周ポケット内に溜まっている菌を掻き出してくれる効果は期待できますが、すぐに歯周病の病状がまったくなくなるというわけではないのです。

特に、大きく開いてしまった歯周ポケット自体は、PMTCを受けただけでは縮まりませんので、そのあとのブラッシングの方法が悪い場合などは、すぐにまた歯周病の病徴が表れてしまいやすくなります。

1-3 PMTCに歯周病予防効果はある

PMTCでは、虫歯や歯周病になった後の治療という効果よりも、歯周病になる前の予防的な効果のほうが期待できます。

歯垢・歯石は特に、虫歯や歯周病の原因となる菌の温床になりますから、定期的に除去して口内を清潔に保つことを目指しましょう。

一方で、歯周病が進行していると、PMTCだけでは改善が難しくなっていきます。

2 歯周病になったら歯周内科治療を受けよう

PMTCだけでは改善が難しくなった歯周病には、歯周内科治療がおすすめです。

どの歯科医院でも受けられるとは限りませんが、ある程度大きいクリニックであれば対応してくれているところも多い治療法で、歯周病治療の方法としてはかなり効果的なものです。

2-1 歯周内科治療とは?

歯周内科治療は、口内の細菌をチェックして、歯周病の原因となっている菌を特定し、その菌に効果のある抗生物質を投与する治療方法です。

口内の菌のバランスを整えることで歯周病を抑制しながら、口腔衛生を適切な状態へ変化させていきます。

従来であれば治療に数年かかっていた歯周病も、2か月程度の治療通院で大幅な改善が見込めるため、有望な歯周病治療の一種と目されています。

2-2 PMTCとは考え方が違う

PMTCは、歯垢・歯石などの物理的な洗い流しによって歯周病の原因菌の増殖を抑制することができます。

一方、歯周内科治療では、投薬によって歯周病の原因菌の増殖を抑制します。

またPMTCは予防歯科(虫歯や歯周病にならないための治療)的な意味合いが強いのですが、歯周内科治療は、歯周病をはじめとする、口内細菌のバランスが崩れていることに起因するトラブルを治療(歯周病になってからの治療)というニュアンスが強いです。

2-3 歯周病治療には効果バツグン!

もちろん、歯周内科治療は投薬によって口内細菌の数や種類を調整していくため、歯周病の根本原因である菌の過剰な増殖を抑えることができ、歯周病治療としての効果は非常に高いです。

治療期間は従来の方法に比べて1/10程度に抑えられ、かつ完治する可能性も大いに高まります。

3 歯周内科治療のメリット・デメリット

歯周内科治療を、従来の治療方法であるPMTCと比較した時のメリット・デメリットをご紹介します。

3-1 メリット:歯周病を効果的に改善できる

何といっても最大のメリットは、高確率、かつ効果的に歯周病を治療できるという点です。

歯周病の原因菌を直接減らすような抗生剤を投与する方法での治療ですので、歯科医師の指導に従って治療すれば、軽度の歯周病はもちろん、重度の歯周病であっても改善、寛解の見込みが高くなります。

3-2 デメリット1:薬の治療に問題があるケースがある

抗生物質の投与になるため、他の治療によって投薬を受けている場合などは、薬の飲み合わせなどから歯周内科治療を受けられないケースもあります。

また、薬そのものに対してアレルギー反応が出てしまう場合も、この治療法は受けられません。

その他、投薬リスク等については、歯科医師としっかり相談の上、今後の治療方針を話し合うことが重要です。

3-3 デメリット2:少しお高い保険適用外治療になる

歯周内科治療は保険適用外治療となります。

そのため、費用は全額患者負担で、かつクリニックによっても診療費は違います。

治療費は大体2~5万円程度のところが多いようです。

PMTCも予防歯科ですので保険適用外診療となりますが、1回あたり5,000円程度で行ってくれる医院が多いことを考えると、歯周内科治療は少し費用のかかる治療であることは間違いありません。

 

しかし、重度の歯周病の場合では特に、PMTCによる歯周病の改善は難しいといえます。

1回あたりの費用は高額になっても、しっかりと歯周内科治療を受けて病状を改善しきることも重要ではないでしょうか。

4 PMTCとうまく併用して歯周病の改善を

歯周病のケア方法には、予防歯科的・物理的な清掃という考え方のPMTCと、薬による内科的な歯周病治療という考え方の歯周内科治療があります。

歯周病の発生予防や、ある程度軽度な歯周病であればPMTCを活用することが望ましいですが、もし何度治療してもなかなか改善されない歯周病になっているのであれば、歯周内科治療を受けてみるのもいいのではないでしょうか。

通院中の歯科医院で対応ができない場合は、ほかの歯科医院への転院も含めて、検討してみることをおすすめします。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する