その症状、歯周病かもしれません

歯茎が腫れている気がする、歯がグラグラしている、口臭がきつくなってきたなどの症状は歯周病のサインかもしれません。

 

歯周病は自覚症状が乏しく、気がついた時には病状が進行していたなんて言うことはよくあります。

 

本記事では歯周病が引き起こす危険について詳しく解説していきます。

目次

1.歯周病とは

歯周病とは歯茎や歯を支えている骨などが破壊される病状です。

虫歯は歯が壊されていきますが、歯周病は歯を支える組織が壊されて最終的に歯が抜けます。

 

歯周病の原因は細菌性プラークによるものです。

プラーク(=歯垢)とは細菌の塊のことで、歯周病の原因となるプラークはバイオフィルム菌や歯周病原細菌などと呼ばれることがあります。

 

プラークは抗菌薬や、唾液の中に含まれる抗菌成分に対する耐性が強い構造をしているため歯に付着すると簡単には取れません。

 

さらにプラークが、唾液に含まれるカルシウムなどによって固まったものを歯石と言います。

歯石になると、歯磨きでは取り除けなくなります。

1-1.「歯肉炎」「歯周炎」「咬合性外傷」

まず歯肉炎とは、歯と歯茎の間にプラークが溜まった結果、歯茎が赤く腫れて触ると出血する状態です。

歯肉炎の状態では歯を支えている歯槽骨はまだ壊されていないので、歯と歯茎の周りに付着しているプラークを取り除けば健康な状態に戻すことができる段階です。

 

次に歯周炎は、歯肉炎がさらに悪化した状態になります。

歯茎の腫れや出血だけでなく、歯と歯茎の間にプラークが溜まりやすい歯周ポケットと呼ばれる隙間にプラークが侵入し、歯の土台である歯槽骨まで破壊します。

 

また歯周病が重症化すると、歯がグラグラしたり、膿や口臭が酷くなったりといった症状がみられ、この段階まで来ると強い痛みを伴う場合もあります。

 

最後に咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)についてですが、これは噛み合わせが原因の歯周病です。

 

歯の噛み合わせが悪い状態で歯ぎしりをして強い負荷がかかると、歯と歯槽骨の間にある歯根膜という組織が広がって、歯にグラつきがでるようになります。

 

1-2.歯周病になる原因

歯周病の主な原因は次の4つの因子が関係しています。

 

・微生物因子

・環境因子

・咬合因子

・宿主因子

 

この4つの因子が絡み合うことで歯周病を引き起こしやすくなります。

 

微生物因子

微生物因子とは、プラークの中に含まれている細菌が歯周病の原因になることです。

 

環境因子

環境因子は歯磨きをしていないことによる清掃不足や、喫煙といった生活習慣に関係することが含まれています。

他にはストレスを感じやすい環境にいる人や、口呼吸の習慣がある人も要注意です。

なぜなら、口呼吸をすることで口の中が乾燥して、細菌が増えやすい状態になるからです。

 

咬合因子

咬合因子は噛み合わせや歯ぎしり、食いしばりのように歯に強い力がかかること状態を表しますので、環境因子に含めて考えることがある要素です。

 

宿主因子

宿主因子は年齢や人種、遺伝といった身体的な特徴によるもので、生まれつきの性質、白血球など免疫力の強さの違いが影響することです。

 

歯周病を予防するには、これらの原因因子をどれだけ少なくできるかが重要です。

 

1-3.歯周病は生活習慣病の一つ

歯周病は、歯磨きが十分にできていない甘いものや歯に付きやすいものを好む食事の傾向がある、ストレス過多の環境にいると発生しやすくなるため、生活習慣病の一つとして扱われています。

 

生活習慣病の中でも糖尿病との関連性が高いとも言われていて、歯周病になると糖尿病の薬が効きにくくなり、また糖尿病になると歯周病も重症化しやすくなるのです。

 

また生活習慣病は文字通り、生活習慣の乱れが関係して発症する病気なので、何か一つ患うと他の病気も発症する可能性が高くなるので気をつけましょう。

1-4.セルフチェックの項目

歯周病かもしれないと思ったら、下記のチェック項目を確認してみましょう。

 

・歯茎が赤く腫れている

・口臭が気になる

・歯茎が痩せてきた気がする

・歯の間に食べものが詰まりやすい

・歯磨きの時に血が出る

・歯と歯の間の歯茎が腫れぼったくブヨブヨして見える

・歯が浮いたような感じがする

・指で触ると少しグラつく歯がある

・歯茎から膿が出ることがある

 

以上9つの項目のうち、1つでもチェックがついたら歯周病の可能性があるので、歯科医師に確認してもらう方がいいでしょう。

 

参考元:公益財団法人8020推進財団「歯周病セルフチェック」より

https://www.8020zaidan.or.jp/pdf/poster/8020check.pdf

2.歯周病を放置するリスク

歯周病を放置すると一番恐いのは、歯周病菌が血中の中に入り全身をめぐって、病気を発症させることです。

2-1.放置することで誘発される病気や危険

ここでは実際に歯周病菌から引き起こされる病気をご紹介します。

2-1-1.生活習慣病

生活習慣病とは、厚生労働省によると以下のように定義されています。

 

『食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群』

参考元:生活習慣病とは?

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-05-001.html

 

歯周病が生活習慣病の一つであることを述べましたが、理由は食習慣や喫煙によって影響を受けるからです。

 

歯周病になる人は、その習慣が直らないと、糖尿病や肥満、循環器病になる可能性が高くなりやすいです。

2-1-2.狭心症や心筋梗塞

狭心症とは心臓の血管が狭くなり、動脈硬化を起こすことで胸の圧迫感や痛みが発生する症状のことで、進行すると心筋が壊死する心筋梗塞へと発展します。

 

このような血管に関係する症状は、血流に流れ込んだ細菌が弁膜に付着することで血流が悪くなり、発生するリスクが高まってしまうのです。

2-1-3.妊娠への影響

妊娠している方が歯周病にかかると、早産や低体重のリスクが高まります。

歯周病にかかっていると、炎症性物質が血流に乗って運ばれていることにより早産や低体重児の出産になりやすいと言われています。

2-2.放置していても自然に治ることは無い

歯周病は放置していても治ることは無く、原因のプラークを取り除かない限り酷くなるだけです。

 

歯肉炎の段階であれば、正しいブラッシングを行うことで済みますが、歯周炎の症状は治療が必要になります。

3.まとめ 歯周病対策は早めの相談と予防をしっかりと

歯周病は気づいたタイミングで、すぐに歯科医師に相談、治療しましょう。

放置したことにより症状が悪化し、さらに別の症状にまで発展する可能性があります。

 

もっと良いのは歯周病にかからないように、日頃から予防歯科に努めることです。

自身のセルフケアと、歯科医師によるプロフェッショナルケアをしっかりと活用すれば、歯周病だけでなく虫歯も抑えられるので健康的な口内を保つことができます。

 

歯周病や虫歯によって歯を失っても、新しい歯が生えることはありません。

歯が無くなってしまったら部分的な義歯や総入れ歯でしか対策ができなくなってしまうので、自然歯がある状態は大切にしましょう。

 

歯周病は国民の約8割が発症していると言われていたことがあるほど身近な病気で、ほとんどの人の歯には歯周病の原因となる歯石がついている可能性がかなり高いと言えます。

 

口内の健康を保つためにも丁寧なセルフケアを日頃から行い、少しでも異常や変化を感じたら放置せずに歯科医師に相談するようにしましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する