歯周病の再生治療とは?どんな種類がある?

歯周病が進行すると、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまいます。

そうなると、歯がぐらついて抜けやすくなってしまうのです。

 

歯やその周りの組織を守る治療が、歯周再生療法です。

今回は、歯周再生療法について紹介します。

目次

1 歯周病の再生治療は3種類

歯周病になると、歯を支えている骨が溶けるので、歯が抜ける原因になります。

 

また、インプラント手術を行う時には、「あごの骨が痩せている」原因になり、治療の難易度が高くなります。

 

これを避けるためには、歯を支える歯槽骨の修復をしなくてはいけません。

 

歯槽骨の修復には、方法が3種類あるので、それぞれ紹介していきます。

1-1 骨移植術

骨移植術は、自分の体から骨の一部を切除して砕き、歯槽骨部分に埋め込む方法です。

 

本物の骨の代わりに人工骨と呼ばれる素材を埋め込む場合や、他人の骨を移植する場合があります。

 

骨の成分を自身の歯槽骨に与えて再生を促す、というのが骨移植術の手法になります。

一般的に、保険の適用対象外となる手術です。

1-2 GTR法

GTR法とは、特殊な膜を溶けてしまった歯槽骨部分に直接あてがうことで、歯周組織を再生する細胞を生み出す治療法です。

 

GTR法で用いられる膜は、人体に吸収されるものと、吸収されないものの2種類があります。

 

人体に吸収されるものは1度の手術のみとなりますが、非吸収性の膜を使った場合は、その膜を取り出すための手術も必要です。

 

保険対応も可能な手術ですが、歯科医院によっては保険外診療として扱っていることもあるので注意が必要です。

1-3 根面処理

根面処理は、骨の再生を促す特殊なゲルを歯槽骨部分に塗布することで、歯周組織を再生させていく方法です。

 

日本では主にエムドゲインというゲルが治療に使われるため、エムドゲイン法とも呼ばれます。

 

ほかにも、リグロスと呼ばれる薬剤が治療に使われるケースもあります。

エムドゲインは保険適用外ですが、リグロスは保険の適用対象となっています。

 

どちらの薬剤が使われるかは治療院によって異なります。

 

2 骨移植術のメリット・デメリット

ここでは、骨移植術のメリットとデメリットを紹介します。

2-1 骨移植術のメリット

自分の骨を使用する骨移植術は拒否反応がでにくいため、骨の再生率が高い手法だと考えられています。

2-2 骨移植術のデメリット

歯周病の進行状態などによっては、全ての症状に適応できるわけではありません。

 

また、移植した骨が歯槽骨とうまく結合せず、回復につながらないケースもないとは言い切れないのです。

3 GTR法のメリット・デメリット

次に、GTR法のメリットとデメリットについて紹介します。

3-1 GTR法のメリット

GTR法は保険が適用できる場合があり、比較的安く治療を受けることができるかもしれません。

 

非吸収性の膜を使用した治療の場合には、膜を取り出す際にもう一度歯茎を切開して、歯槽骨の状態を直接確認することができるため、治療の成果をより確認しやすいです。

3-2 GTR法のデメリット

こちらも、全ての症例に対して効果があるというわけではありません。

 

また、保険が適用できなかった場合は、治療費が高額になってしまう可能性もあります。

そのため、必ず事前の説明を受けるようにしてください。

4 根面処理のメリット・デメリット

最後に、根面処理のメリットとデメリットについて紹介します。

4-1 根面処理のメリット

根面処理を行うと、歯槽骨が回復していくのはもちろんのこと、歯茎が根に密着するように回復していくため、歯茎が引き締まります。

 

そのため、他の方法に比べて術後の見た目が美しくなりやすいです。

4-2 根面処理のデメリット

全体的に歯槽骨が溶けて歯茎が下がってしまっているような状態の場合には、根面処理で骨を再生させることは難しくなります。

 

こちらもGTR法同様、保険が適用されない治療になった場合には、費用が高額になることがあります。

5 自分に合った治療方針を選んでいこう

3種類の治療方法には、それぞれのメリットとデメリットがあります。

 

また、病状によって適用できる治療とそうでないものがあるため、どの治療法が誰に向いている、ということは一概には言えません。

 

治療に当たっては歯科医とどのような治療方法で進めていくかを話し合って決め、納得のいく方針を選びましょう。

 

また、費用については、保険適用になるかどうか、もし保険対象外の治療であれば費用がいくらかかるのかを事前に打ち合わせておくことで、トラブルを避けることができます。

 

もし折り合いが付かない場合には、他の歯科医師に意見を聞けるセカンドオピニオンを活用してもいいでしょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する

関連記事