手術する前に知っておきたい!インプラントのメリットとデメリットを徹底比較

インプラントは、あごの骨に人工歯根を埋め込んで、その上に被せ物を取り付ける治療です。

 

この記事を読んでいる方で、芸能人の関連でインプラントに興味を持った方もいるのではないでしょうか。

 

しかしインプラントは外科手術が必要なので、不安もあるでしょう。

 

「デメリットはないの?」「費用はどれくらい?」「インプラントは一生長持ちするの?」などの不安や疑問を解消するために、インプラントのメリット・デメリットを解説していきます。

目次

(1)インプラントのメリット

インプラントの利点は、主に以下のようになります。

 

・健康な歯を削らずに残すことができる

・他の審美治療に比べて自然な嚙み合わせを実現できる

(1-1)健康な歯を削らずに残すことができる

インプラント以外の治療のブリッジでは、被せ物を入れるために失った歯の両隣を削る日宇用があります。

 

ブリッジは、インプラントよりも手軽でスピーディーに施術を終わらせることが可能ですが、健康な歯を削ることで「神経を取る処置が必要になる可能性がある」「歯の寿命が短くなる」などのリスクがあります。

 

しかしインプラントは、歯を失った部分にインプラントを補充できるので、他の健康な歯削る必要がありません。

(1-2)他の審美治療に比べて自然な嚙み合わせを実現できる

保険の義歯は、プラスチックでできているので、噛み心地があまり感じられません。

一方でインプラントは、自然な嚙み合わせを実現することが可能です。

(2)インプラントのデメリット

インプラントで起こりうるデメリットは、主に以下のようになります。

 

・自費診療のため高額になりがち

・外科手術をしなければならない

・金属アレルギーがでることがある

・骨の状態によってはインプラントを受けられない場合がある

・持病によってはインプラントを受けられない場合がある

・前歯のインプラントは人工歯根が透けて見えてしまうことがある

・インプラントの状態を永続的に維持できる保証はない

(2-1)自費診療のため高額になりがち

インプラントは「自費診療」で費用を負担しなければなりません。

インプラントの費用は、だいたい「30~40万円/1本」が相場といわれています。

 

2本以上の歯をインプラントにする場合は、安く見積もっても100万円を超えることが予想されますので、基本的には「インプラントは高額になる」ということを念頭に置いておきましょう。

(2-2)外科手術をしなければならない

インプラントは、あごの骨に人工の「歯根」を埋め込む外科手術が必須。

手術では麻酔を行うので苦痛もほとんどありません。

(2-3)金属アレルギーがでることがある

インプラントの素材としてよく用いられる金属が「チタン」です。

チタンは金属アレルギーが出にくい素材として、インプラントに使用されています。

 

ただ、希にチタンでも金属アレルギーの症状が出る場合があるので、気になる方は、インプラントを受ける前に必ず検査を受けるようにしましょう。

(2-4)骨の状態によってはインプラントを受けられない場合がある

あごの骨に人工歯根を埋め込むインプラントでは、あごの骨が薄いために手術ができないと判断する歯科医院もあります。

 

しかし、骨が薄い状態の場合には、骨を増やす「骨造成手術」という手術を行うことでインプラントが可能です。

 

骨造成手術には、高度な技術が必要になるので、骨が薄いことを理由にインプラントを断られるケースもあります。

(2-5)持病によってはインプラントを受けられない場合がある

以下の持病がある方は、インプラントを受けられない場合があります。

 

・糖尿病

・心臓病

・高血圧症

・骨粗鬆症

 

上記に挙げた以外にも、インプラント手術を断られる慢性的な持病が存在します。

まずはかかりつけの医師とインプラントの手術が可能かを話し合いましょう。

(2-6)前歯のインプラントは人工歯根が透けて見えてしまうことがある

インプラントを行う部位で特に気を付けなければならないのは「前歯」です。

 

なぜなら金属部分が歯茎から透けて見えてしまうことがあるからです。

 

顎の骨に埋め込んだインプラントと被せ物を繋ぐアバットメントという部分が金属の場合には、歯茎が薄い前歯では透けることがあります。

 

しかしご安心ください。

アバットメントをセラミック(ジルコニアなど)にすることで、見た目を改善することが可能です。

(2-7)インプラントの状態を永続的に維持できる保証はない

「インプラントを済ませてしまえば、あとはずっと安定してキレイな歯を保つことができるの?」

 

といった疑問を持つ方もいるでしょう。

 

しかし、厳密に言うとケアを怠ると安定した状態は維持できません。

 

その理由は概して2つ挙げられます。

 

・「インプラント歯周炎」のリスクがつきまとう

インプラントには、「インプラント歯周炎」という病気になる可能性があります。

 

インプラント歯周炎とは、文字通り、インプラント部分で発生する歯周病のこと。

最悪の場合、インプラントを除去しなければならないケースにまで発展する恐れがあります。

 

しかし、日々のブラッシングと定期的なメインテナンスを継続していれば、インプラント歯周炎の発症を抑えることができます。

 

「インプラントを埋め込んだから、何もしなくてもキレイな口元を維持できる」と考えるのではなく、ずっとキレイな見た目でいるためには、日々のケアが大切です。

 

・あごの骨のやせ細り

インプラントが必ずしも“一生もの”の治療であると断言できないもうひとつの理由は、「あごの骨のやせ細り」です。

 

インプラントを固定しているあごの骨がやせ細ると、固定がゆるまっていきます。

原因は、加齢による骨密度の低下やインプラントへの極度な負荷などです。

 

上記のような状態を防ぐためにも、定期的にレントゲンでの確認や噛み合わせの調整が

重要になります。

(3)まとめ

インプラントのメリット・デメリットまとめ
メリット ・健康な歯を削らずに残すことができる

・自然な嚙み合わせを実現できる

デメリット ・自費診療のため高額になりがち

・外科手術が必要

・金属アレルギーがでることがある

・骨の状態によってはインプラントを受けられない場合がある

・持病によってはインプラントを受けられない場合がある

・前歯のインプラントは人工歯根が透けて見えてしまうことがある

・インプラントの状態を永続的に維持できる保証はない

 

 

 

インプラントは外科手術が必要なので、成功率は医師の経験と技術に左右されるといっても過言ではありません。

 

まずは歯科医院のホームページで、インプラントの実績からチェックしてみましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する