根管治療で抜歯することになった人は必見!おすすめの治療を比較

深刻な症状の虫歯を患うと、菌に冒された歯の神経(歯髄)を取り除く「根管治療」の段階に移行します。

 

うまくいけば、そのまま歯を残すことができますが、誰しもが根管治療で成果が出るとはかぎりません。この記事を読んでいるみなさんのなかには「抜歯」をすすめられている方もいると思います

 

抜歯をすれば、長くつらい根管治療から解放されます。しかし問題なのは、抜歯した後のことですよね。

 

おそらく多くの方が、何らかの方法で義歯を装着することになるかと思います。

 

入れ歯、ブリッジ、インプラント……一体どれを選べばよいのでしょうか?

 

そこで今回は、根管治療で抜歯を余儀なくされたみなさんのために、健康的な口元を取り戻すための3つの方法をご紹介したいと思います。

 

「抜歯後の処置をどうすればいいのか迷っている」

「自分にどの方法が適しているのかよくわからない」

「費用面での懸念もある」

 

こうしたお悩みを持つ方は、ぜひご一読ください。

目次

(1)もっともリーズナブルでカンタンな処置で済む「入れ歯」

みなさんもよくご存じの「入れ歯」は、もっとも費用が安く、処置がスピーディーに終わる方法です。

 

「とりあえず抜けた歯を埋め合わせたい」というケースだけでなく、「インプラントの資金を用意するまでの“つなぎ”」として入れ歯を使うという手もアリでしょう。

 

ただし、「ずっと入れ歯を使い続けたい」という方はご注意ください。入れ歯は噛み心地が悪く、また抜歯場所によっては見栄えが損なわれる恐れがあります。

 

 

 

メリット

 

 

・費用がリーズナブル

・スピーディーに処置が終わる

 

デメリット

 

 

 

・見栄えが悪い

・洗浄が面倒

・嚙み心地が悪い

 

費用の相場

 

5,000~1万5千円/1本(素材による)

 

治療期間

 

1~2週間程度

 

 

 

(2)自然な噛み心地を求めるなら「ブリッジ」

抜歯部分の両端にある歯を支えにして、がっちりと義歯を固定する方法をブリッジと呼びます。

 

入れ歯よりもはるかに安定性があり、噛み心地も抜群。ただしデメリットとして、被せものをするために、健康な歯を最低でも2本は削らなければならないという点が挙げられます。

 

万が一歯周病などが原因で土台となる歯がぐらつけば、当然、ブリッジを外さなければなりません。ブリッジを行う際は、そういったリスクを覚悟する必要があるでしょう。

 

 

メリット

 

 

 

 

 

・自然な見た目になる

・自然な噛み心地に近づける

・いちいち取り外して洗浄する必要がない

・保険診療で費用を安く抑えることができる

・自費診療で素材を好きに選べる

 

デメリット

 

 

 

・健康な歯を2本削らなくてはならない

・支える歯の状態によっては適さない

・虫歯や歯周病によりブリッジ崩壊のリスクがある

 

費用の相場

 

 

1~2万円/欠損歯1本(保険診療)

5~15万円/欠損歯1本(自由診療)

 

治療期間

 

数週間~1ヵ月程度

 

 

 

(3)まるで自分の歯のようにものを噛める「インプラント」

あごの骨に人工の歯根を埋入し、そこに義歯を装着するのが「インプラント」です。その見た目の美しさから、多くの芸能人の方も行っていることで知られています。

 

インプラントは、まるで“第二の歯”のような感覚で違和感なくものを噛むことができるのが最大の魅力といってよいでしょう。

 

ブリッジは健康な他の歯を削らなければなりませんが、インプラントは抜歯した場所に人工歯根を埋め込むだけ。余計な負担がかからないということから、ブリッジよりもインプラントのほうを好む方も珍しくはありません。

 

ただしインプラントは外科手術を伴うため、その点には注意が必要です。慢性的な持病があったり、骨密度が低かったりすると、そもそもインプラントを行えない場合があります。

 

 

メリット

 

 

・美しい見た目を維持できる

・自分の歯のようにものを噛める

 

デメリット

 

 

 

・自費診療のため費用は高額になりがち

・外科手術を伴う

・持病、あごの形、厚さ、骨密度によってはインプラントができない

 

費用の相場

 

20~40万円/1本

 

治療期間

 

半年~1年

 

(4)まとめ

根管治療で抜歯をすることになった場合、代わりの歯として提案できるのは「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」です。

 

 

 

 

 

 

快適度

 

インプラント

 

ブリッジ

 

入れ歯

 

費用の安さ

 

入れ歯

 

ブリッジ

 

インプラント

 

お手軽度

 

入れ歯

 

ブリッジ

 

インプラント

 

見た目の美しさ

 

インプラント

 

ブリッジ

 

入れ歯

 

長期的な安定性

 

インプラント

 

ブリッジ

 

入れ歯

 

 

 

それぞれにメリット・デメリットがあり、費用も異なるため、みなさんの要望や事情に適した方法を検討してみてください。

 

 

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する