【教えて!】インプラント手術の種類

インプラントの手術方法は、ひとつだけではありません。

適切な手術を選択することは、インプラントを長持ちさせることにも繋がります。

 

とはいえ、

・担当医から治療説明を受けたけど、どれを選べばいいのかわからない。

・他の手術方法法があるなら知りたい!

……と思っている方も少なくないでしょう。

 

そこで今回は、インプラント手術の種類についてわかりやすく解説していきます。

目次

1 インプラント手術は「7種類」ある

インプラントは、顎の骨の中にインプラント(人工歯根)を埋める外科手術が必要です。

 

どのインプラント手術が適しているかは、骨の量や厚さ歯を失った原因全身疾患の有無などで決まります。

 

まず、今回紹介するインプラント手術の方法は、大きく次の2つにわけられます。

 

「失った歯がひとつ、又は複数本の場合のインプラント手術法」

 

・1回法手術

・2回法手術

・抜歯即時インプラント手術

・フラップレス手術

・傾斜埋入手術

 

「総入れ歯や大きい入れ歯を使用している場合のインプラント手術法」

 

・All-on-4

・ザイゴマインプラント手術

 

次からは、それぞれの手術の「メリット・デメリット」「適用条件」について解説していきます。

2 インプラント手術の基本「1回法手術」

1回法手術は、基本的なインプラント手術方法です。

手術の回数が1回で完了するので、1回法という呼び名です。

 

手術では、顎の骨の中にインプラントを埋めた後に、ヒーリングキャップという蓋をインプラントに取り付けます。

2-1:1回法の「メリット」

1回法の「メリット」は次の3つです。

 

・身体的・精神的負担が少ない

手術が1回だけだと、体にかかる負担が少なくなります。

 

体は傷口を治癒するためにエネルギーを使うので、手術回数が多いと体の負担になるのです。

 

また、手術の怖さがストレスになりがちですが、1度の手術だけなら・・・・・・と思う方も少なくありません。

 

・治療期間が短くなる

1回法手術では、2回法手術で行う「頭出し」という処置が必要ありません。

 

頭出しとは、歯茎の中に埋まったインプラントの頭を露出させて、ヒーリングキャップを取り付ける処置のことです。

 

1回法は頭出しの処置が必要ない分、約6週間~5ヶ月の治療期間が一般的です。

2-2:1回法の「デメリット」

1回法の「デメリット」は次の通りです。

 

・細菌感染のリスクがある

1回法の手術後は、インプラントの頭の部分が口の中に露出している状態です。

そのため、細菌感染するリスクが2回法に比べると高くなります。

 

しかし、手術時に使う器具がしっかりと衛生管理されていたり、インプラント周辺に汚れが溜まらないように清掃したりすれば、細菌感染を防ぐことが可能です。

2-3:適用条件

1回法は、骨の量や幅が十分にあることが適用条件です。

3インプラント手術の基本「2回法手術」

2回法手術は、1回法と同様にインプラント手術の基本になります。

2回法という名の通り、2回の手術が必要です。

 

まず1回目の手術では、インプラントを骨の中に埋めて、歯茎で完全に覆います。

2回目の手術では、歯茎を切ってインプラントの頭を露出させて専用の蓋を装着します。

3-1:2回法の「メリット」

2回法の「メリット」は次の2つです。

 

・細菌感染のリスクが低い

1回目の手術後の傷口は、歯茎に覆われている状態です。

歯茎がしっかりと蓋の役目をしているので、細菌感染するリスクが低くなります。

 

・インプラントを入れると同時に骨造成の処置ができる

骨の量や高さが足りない時には骨造成といって、骨をつくりだす手術を行うことがあります。

 

骨造成をする場合には、特に感染対策が大事になります。

2回法は、完全に傷口を覆う手術方法なため、骨造成手術が可能です。

3-2:2回法の「デメリット」

2回法の「デメリット」は次の2つです。

 

・手術が2回必要

2回も手術をするのが、精神的なストレスになる方も少なくないでしょう。

 

また、どちらの手術でも麻酔や歯茎を切る処置をするので、体への負担も大きくなりがちです。

 

・治療期間が長い

1回目の手術後、インプラントと骨が馴染むのを待ってから、2回目の手術をします。

 

2回目の手術後は、傷口が治るまでの期間が必要になり、約4ヶ月~6ヶ月の治療期間がかかります。

 

ただ、骨造成手術をした場合には、さらに治療期間が長くなりがちです。

3-3:適用条件

2回法手術は、ほとんどの症例に適用しています

失った歯が1本~複数本でも対応できるのが特徴です。

 

また、顎の骨が薄い方全身疾患がある方は、2回法手術だとインプラントができる可能性が高いです。

4 治療期間が短くできる「抜歯即時インプラント」

抜歯即時インプラントとは、残すことができない歯を、抜いてすぐにインプラントを入れる手術方法のことです。

4-1:抜歯即時インプラントの「メリット」

抜歯即時インプラントの「メリット」は次の3つです。

 

・腫れや痛みが少ない

一般的なインプラント手術では、専用のドリルで骨を削りながら、インプラントが入る大きさまで広げていきます。

 

骨は熱や衝撃に弱く、ドリルの振動や削る時に発生する熱が強すぎると、痛みや腫れの症状が強く出る場合があります。

 

しかし抜歯即時インプラント手術では、歯を抜いた穴が利用できドリルで削る必要がほとんどないため、痛みや腫れの症状を抑えることが可能です。

 

・歯が無い期間がない

この手術は、前歯の治療で行うケースが多く、インプラントを入れた後は仮歯を付ける場合がほとんどです。

 

歯がない時期はなく、見た目の心配はありません。

 

・治療期間が短い

通常のインプラント手術では抜歯後、歯茎や骨の治りを約2ヶ月~6ヶ月待ってからインプラントを埋めていくので、治療期間が1年以上になるケースも珍しくはありません。

 

一方で、抜歯即時インプラントの場合には、抜歯してすぐにインプラントを埋めるため、治療期間を6ヶ月と短くできます。

 

また、使用するインプラントメーカーによっては、最短4ヶ月で治療を完了できます。

4-2:抜歯即時インプラントの「デメリット」

抜歯即時インプラントの「デメリット」は次の2つです。

 

・十分な骨の量が必要

抜歯即時インプラント手術では、骨の量が重要です。

 

なぜなら、抜歯後にインプラントを入れるので、骨が足りないと固定せずにグラグラするからです。

 

そのため、歯を失う原因が重度の歯周病の場合には、この手術が適用されません

 

歯周病は、骨を溶かす病気です。

重度の歯周病は広範囲で骨が溶けているので、インプラントが安定しません。

 

また、虫歯が根の先まで進行している場合も、炎症が起きている範囲が大きいため、適用できないケースがあります。

 

・治療ができる歯科医院が限られる

抜歯即時インプラント手術は正確な診査、診断と、高度な技術が求められる治療なので、手術ができる歯科医院が限られます。

4-3:適用条件

この手術は骨が十分にあり、抜歯する歯の周辺が炎症を起こしていないのが適用条件です。

 

例えば、前歯を強打して歯が根っこから割れてしまったケースでは、抜歯即時インプラントができる可能性が高いです。

 

歯を失う理由が病気ではないので、骨の量や歯茎の状態が良いことが多いからです。

 

ただ、全身疾患がある方は細菌感染のリスクが高まるため、この手術方法ではインプラントができない場合があります。

5 傷口を最小限に抑える「フラップレス手術」

フラップレス手術とは、歯茎を切らずにインプラントを入れる手術方法のことです。

5-1:フラップレス手術の「メリット」

フラップレス手術の「メリット」は次の4つです。

 

・痛みや腫れがほとんどない

フラップレス手術では、歯茎を切らずに小さい穴にインプラントを入れるので、出血もほとんどなく痛みや腫れといった症状がでにくいです。

 

・手術時間が短く通院回数が少ない

手術時には、「ガイド」というドリルを固定する装置を使って、正確にインプラントを埋めることができます。

 

予めガイドにはインプラントを入れる角度や位置が決められているため、手術時間が約15~30分と短縮できます。

 

また手術では、歯茎を切ったり縫ったりしていないので、糸を除去する処置が必要なく通院回数を少なくできます。

 

・細菌感染を引き起こしにくい

フラップレス手術の傷口は、小さい穴だけで一般的なインプラント手術の傷口に比べて唾液が入りづらく、細菌感染を起こしにくいです。

5-2:フラップレス手術の「デメリット」

フラップレス手術の「デメリット」は次の通りです。

 

・対応できる歯科医院が限られている

フラップレス手術を行うためには、シミュレーションができる専用のコンピューターやフラップレス専用のインプラントを使用する必要があるので、器具や設備が整っていない歯科医院では、この治療法でインプラントはできません。

5-3:適用条件

・骨の量や幅が十分にあること

 

骨が平らな形をしているのも大事なポイントになります。

奥歯の骨は前歯に比べて平面になっているので、この手術が適用できるケースが多いです。

6危険な部分を避ける「傾斜埋入手術」

傾斜埋入手術とは、骨の薄い部分を避けて、インプラントを斜めに埋める治療法のことです。

6-1:傾斜埋入の「メリット」

傾斜埋入の「メリット」は次の3つです。

 

・痛みや腫れがほとんどない

傾斜埋入手術は、歯茎を切らずに行います。

フラップレス手術と同様に、手術後の痛みや腫れがほとんどありません。

 

骨が薄くてもインプラントができる

この手術では骨が薄い部分を避けて、骨がある位置にインプラントを固定させるため、骨造成の手術が必要ありません。

 

・危険な箇所を避けることができる

例えば、神経と近い位置にインプラントを入れる場合には、神経を傷つけてしまう危険性があります。

 

また、上顎洞(目の下から鼻にかけてある空洞のこと)と骨の距離が短いことに気づかずにインプラントを入れると、上顎洞を突き抜けて炎症を引き起こす可能性があります。

 

傾斜埋入の手術は、危険な箇所を避けてインプラントを入れるため、リスクや事故を回避できます。

6-2:傾斜埋入の「デメリット」

・複数本のインプラントを埋めるのが条件

インプラントをする本数が1本の場合には、傾斜埋入手術はできません。

 

例えば、自分の歯は真っ直ぐに生えているので、噛む力がそのまま歯に伝わります。

 

傾斜埋入は、インプラントを斜めに埋めるため、インプラントが1本だと、噛んだ時に被せ物だけに過度な力がかかりやすく、欠けたり折れたりする可能性があります。

 

トラブルを防ぐためにも、複数本のインプラントを繋げて固定するのが基本です。

6-3:適用条件

・複数のインプラントを入れる必要がある

7 入れ歯の悩みを解決する「All-on-4」

All-on-4は少ない本数のインプラントでも、見た目や噛む機能を回復できる治療法です。

7-1:All-on-4の「メリット」

All-on-4の「メリットは」次の4つです。

 

・費用を抑えることができる

歯を失った本数だけインプラントを入れるとなると費用も高額になり、患者さんにとってかなりの負担になります。

 

しかし、All-on-4の治療法は上顎に4本下顎に4本計8本のインプラントでしっかりと噛むことができ、費用面も優しい治療法です。

 

・身体的・精神的負担が軽減される

総入れ歯は、痛みがでたり外れやすかったりと日常生活で不便なことが多く、ストレスに感じている方も少なくありません。

 

All-on-4では、固定式の入れ歯を装着することで急に外れたり、すきな食べ物を我慢したりする必要がなくなり、快適な生活を送れるようになります。

 

・治療期間が短い

骨が足りない場合には、骨造成の手術が必要になりますが、All-on-4の治療法では骨がない部分を避けて、インプラントを埋めることができます。

 

そのため、治療期間は約6ヶ月と短くなります。

 

・歯が無い期間がない

総入れ歯の方が心配なのは、歯が無い期間があると生活が難しくなることです。

All-on-4では、手術当日に仮の入れ歯が入るので、歯がない期間はありません。

7-2:All-on-4の「デメリット」

All-on-4の「デメリット」は次の2つです。

 

・治療期間が長くなるケースもある

極端に骨が足りない時は、骨造成を行うケースもあります。

 

その場合には、骨が安定した状態になるまでインプラントを埋められないので、治療期間が長くなります。

 

・治療ができる歯科医院が限られる

All-on-4治療は、専用の器具や高度な技術が必須です。

そのため歯科医院によっては、All-on-4治療を行っていない場合があります。

7-3:適用条件

All-on-4は、歯が無い方が対象です。

残っている歯がある場合には、適用外になります。

8安定感に優れている「ザイゴマインプラント手術」

ザイゴマインプラントは、ザイゴマ(頬の骨)にインプラントを入れる手術方法のことです。

8-1:ザイゴマインプラントの「メリット」

ザイゴマインプラントの「メリット」は次の4つです。

 

・骨造成が不要

骨が薄くても、この手術では頰骨にインプラントを埋めるので、骨造成手術は必要ありません。

 

また外科手術は1回のみで、体への負担も少ないです。

 

・治療期間が短い

ザイゴマインプラントの治療期間は、約6ヶ月です。

骨造成手術は必要ありません。

 

・当日に歯が入る

ザイゴマインプラント治療はAll-on-4と同様に、手術当日に仮の入れ歯が入り、歯がない時期がないので安心してください。

 

・安定性に優れている

頰骨は、非常に硬い骨で無くなることはありません。

そのためザイゴマインプラントは、安定感のある噛み心地を実現できます。

8-2:ザイゴマインプラントの「デメリット」

ザイゴマインプラントの「デメリット」は次の2つです。

 

術者の技術と知識が必要

ザイゴマインプラント治療は、一般的なインプラントより、長いインプラントを頰骨に埋めていきます。

 

そのため、特殊な技術や知識をもった歯科医師でないと治療はできません。

 

・費用が高額になりやすい

治療で使用するインプラントが特殊なので、費用が高額になりやすいです。

8-3:適用条件

・入れ歯の長期使用で全体的に骨が薄く足りない方

・奥歯の骨がほとんどない方

9 自分に合った手術方法を選ぼう!

口の状態によって「できる手術」「できない手術」があります。

また歯科医院によっても、できるインプラント手術の種類も違ってきます。

 

まずは、自分の口の状態を把握して、最適な治療法はどれなのかを担当医と相談しましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する