【総入れ歯が安定しない方へ】All-on-4(オールオンフォー)という新しい選択肢

総入れ歯が合わなくて日常生活に支障をきたしている」

「ものをうまく噛むことができず、悩んでいる」

 

このようなお悩みをお持ちではありませんか?多くの歯を失ってしまった方におすすめなのが、たった4本のインプラントを埋め込むだけで片あご全体に義歯を装着できる「All-on-4(オールオンフォー)」という治療です。

 

総入れ歯に比べて格段に自然な嚙み心地を実現できるため、食事を楽しめず不満を抱えていた方にもぴったり。通常のインプラントよりも費用負担が軽いというのも魅力のひとつです。

 

インプラント治療のことはよく知っていても、All-on-4(オールオンフォー)のことを知らない方はたくさんいらっしゃいます。そこで今回は、All-on-4(オールオンフォー)のメリットやデメリットを詳しく解説して、その意義を伝えていきたいと思います!

目次

(1)All-on-4(オールオンフォー)とは?

All-on-4(オールオンフォー)は、多くの歯を失ってしまった方におすすめのインプラント治療です。

 

一般的なインプラント治療では、たとえば片あごをすべて義歯にする場合、1本の歯ごとに1本のインプラントを埋め込むことになります。

 

しかしAll-on-4(オールオンフォー)はもっとも少なくて4本のインプラントだけで片あご全体の義歯をカバーすることが可能です。

(2)こんな方にAll-on-4(オールオンフォー)がおすすめ

以下の項目に当てはまる方は、All-on-4(オールオンフォー)を検討してみる価値があります。ぜひご一読ください。

(2-1)ほとんど歯がない

事故、虫歯、歯周病など……さまざまな理由で多くの歯を失ってしまっている方は、All-on-4(オールオンフォー)がおすすめです。

 

ほとんど歯がない場合の治療として総入れ歯インプラントが有名ですが、「噛みにくい」「手術の負担や費用が大きい」といったデメリットが多々あります。

 

しかしAll-on-4(オールオンフォー)なら、それらのマイナス面を抑えて快適な日常生活を実現することが可能です。

(2-2)総入れ歯が自分に合わない

総入れ歯はお手軽に失った歯をカバーすることができますが、「ものをうまく噛めない」「噛むたびに歯茎やあごの骨が痛む」「すぐ外れて不便」といったデメリットに悩む方も少なくありません。

 

そんな方には、わずか数本のインプラントを埋め込むだけで片あご全体の歯をカバーできるAll-on-4(オールオンフォー)がおすすめです。

(2-3)あごの骨が弱くなっている

歯を失ってから長い歳月が経つと、人によってはあごの骨が弱くなったり溶けてしまったりしてしまう場合があります。

 

しかし骨の状態に左右されないAll-on-4(オールオンフォー)なら、「まともにものを噛むのも難しい」と悩む方でも、まるで自分の歯のような感覚で食事を楽しめるようになります。

(2-4)費用が問題でインプラント治療が困難

多くの歯を失ってしまった場合、多くの方は「これからも食事を楽しめるようになりたい」という理由でインプラントを選択しようとします。

 

しかしインプラントは自由診療ですので、インプラントを埋め込む本数が多ければ多いほど費用が増大してしまいます。

 

費用負担が原因でインプラントを断念せざるを得ない方には、最少4本のインプラントで済むAll-on-4(オールオンフォー)がおすすめです。通常のインプラントよりもはるかに少ない費用で手術を受けることができます。

(3)All-on-4(オールオンフォー)のメリット

All-on-4(オールオンフォー)を選択すれば、以下のようなメリットを得ることができます。

(3-1)治療のリスクや体への負担が少ない

一般的なインプラント治療、とくに多くの歯を失ってしまったケースでは、太い神経や血管の通っている奥歯のほうにもインプラントを埋める必要がありますが、そのために大量の出血やしびれを伴うリスクが非常に高く、身体的・心理的な負担を強いられるデメリットがあります。

 

しかしAll-on-4(オールオンフォー)は、神経や血管のない前歯のほうに数本のインプラントを埋め込むだけで完了します。

 

このことから、「たくさんの歯を失っている場合のインプラント」という前提で考えると、All-on-4(オールオンフォー)のほうが患者にとってメリットがあるといえるでしょう。

(3-2)インプラント本数が少なくて済むため費用負担が軽い

通常のインプラントは、義歯化する歯の本数ごとにインプラントを埋め込まなければならないため、費用負担が大きくなってしまいます。

 

しかしAll-on-4(オールオンフォー)は最少4本のインプラントで片あごすべての義歯をカバーできますので、費用の面でかなり負担が軽くなります。

(4)All-on-4(オールオンフォー)にデメリットはあるの?

All-on-4(オールオンフォー)最大のデメリットは、残っている健康な歯を抜かなければならないという点です。

 

そのことから、「健康な歯がたくさん残っている」という方にはあまりおすすめできません。

 

All-on-4(オールオンフォー)はあくまでも歯の全欠損に近い状態の方や、歯並びの悪い歯が多い方に向いている治療方法としてご理解ください。

(5)まとめ

All-on-4(オールオンフォー)は、「多くの歯を失っている」「総入れ歯が自分に合わなくて困っている」「費用が高くてインプラント治療ができない」という方におすすめの治療方法です。

 

 

向いている人

 

 

 

・ほとんど歯がない

・総入れ歯が自分に合わない

・あごの骨が弱くなっている

・費用が問題でインプラント治療が困難

 

メリット

 

 

・ほとんど出血を伴わずに手術ができる

・インプラント本数が少なくて済むため費用負担が軽い

 

デメリット

 

残っている健康な歯を抜かなければならない

 

 

 

気になる方は、ぜひAll-on-4(オールオンフォー)を検討してみてはいかがでしょうか。まずはご相談のみでも構いませんので、All-on-4(オールオンフォー)を行っているお近くの歯科医院にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する