入れ歯にはどんな種類がある?費用には差があるの?

使う入れ歯によって、生活の豊かさは大きく変わります。

そのため、どの種類の入れ歯にすればいいのか悩んでいる方もいるでしょう。

 

そこで今回は、入れ歯の種類や費用について解説していきます。

目次

1 入れ歯の治療方法

入れ歯には、大きくわけて次の2つの治療法があります。

 

・保険治療

・自費治療

 

それぞれの治療のやり方について見ていきましょう。

1-1:保険治療

保険治療では、使う材料や治療にかける時間が決められていて、治療に限界があります。

1-2:自費治療

自費治療は、治療費の全額が自己負担になります。

使う材料や時間にも制限がなく、自分の理想とする入れ歯を追求することが可能です。

 

また、自費治療の値段は歯科医院で決めることができるので、同じ治療でも医院によって費用に差があります。

2 保険の入れ歯の特徴

保険の入れ歯は、部分入れ歯と総入れ歯のどちらも作製が可能になります。

保険の入れ歯の特徴は次の通りです。

2-1:費用が安い

保険の入れ歯は健康保険が適応されるので、費用が安いです。

部分入れ歯は、5千円~1万円ほどの費用がかかります。

 

総入れ歯の場合には、約1万円~1万5千円の費用が一般的です。

2-2:見た目が悪い

部分入れ歯の場合には金属のバネが付いていて、バネの部分を自身の歯に引っかけて使用します。

 

バネを引っかける位置によっては、ギラギラとした金属のバネが見えて、他人から入れ歯を付けているのがわかるほど見た目が悪いです。

2-3:痛みや違和感がでやすい

保険の入れ歯は、レジンというプラスチックでできています。

このプラスチックは、薄くするとすぐに割れてしまうので、入れ歯は厚みのある形になります。

 

入れ歯に厚みがあると、違和感が強く慣れるのに時間がかかります。

また、噛んだ時に入れ歯が歯茎に沈み込むため、痛みが生じやすくなるのです。

2-4:歯茎や骨へのダメージが大きい

保険の入れ歯は内側が硬いため、噛んだ時に歯茎に当たって傷になることがあります。

さらに入れ歯が歯茎に強く当たり続けると、顎の骨と歯茎が痩せる原因にもなるのです。

 

そうなると、入れ歯と歯茎の間に隙間ができ、食べ物が詰まりやすくなったり、入れ歯がガタついたりします。

 

次からは、自費の入れ歯について紹介していきます。

3 食べ物の温度を感じられる「金属床」

金属床(きんぞくしょう)とは白金加金チタンコバルトクロムなどの金属を使用した入れ歯になります。

 

入れ歯の費用は使う金属によって異なります。

一般的な金属床の費用は次の通りです。

 

・白金加金:70万~80万円

・チタン:50万~60万円

・コバルトクロム:40万~50万円

 

金属を使用する範囲が広いほど、治療費が高額になります。

 

では、金属床の特徴は次の通りです。

3-1:違和感が少ない

保険の入れ歯は厚みがあって違和感が強く、長時間付けているのが苦痛に感じる場合があります。

 

金属床で使用する金属は、強度があるため薄く加工しても割れることがほとんどありません。

 

入れ歯自体が薄いので、違和感も少なく快適に過ごすことができます。

3-2:温度を感じやすい

保険の入れ歯の素材では、熱さや冷たさといった温度を感じるのが難しいです。

料理の温度がわかりにくので、熱い料理では口の中を火傷する可能性もあります。

 

一方で金属には、温度が伝わりやすいという性質があり、料理の熱さや冷たさを感じながら食事を楽しむことが可能です。

3-3:密着性・装着感が良い

金属は、体に馴染みやすい性質があります。

 

口の中に入れた時には、ピッタリと吸い付くように密着するので、ズレる心配もほとんどありません。

 

3-4:長期的に使用できる

金属は薄くしても強度が変わらないので、入れ歯が割れたり壊れたりする可能性が低く、安定して使い続けることができます。

 

また、金属床は使えば使うほど口の中に馴染み、長く使えるのが特徴です。

4 金属を使わない「ノンクラスプデンチャー」

ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネを使用していない部分入れ歯のことです。

費用は約8万円~30万円になります。

 

ノンクラスプデンチャーの特徴は次の通りです。

4-1:見た目が良い

ノンクラスプデンチャーは、エステティックデンチャーとも呼ばれるほど、他人から入れ歯を付けているとわかりにくく、自然な仕上がりになっています。

4-2:入れ歯が割れにくい

ノンクラスプデンチャーは柔らかい樹脂でできていて、しなりやすく割れにくい特徴があります。

 

ただ、柔らかい素材の分、変形しやすく温度の変化に弱いため、入れ歯を2~3年で作製し直すケースが多いです。

4-3:金属アレルギーの方でも使用できる

ノンクラスプデンチャーには、金属を使用していないので、金属アレルギーの方も安心して使うことが可能です。

5 ブリッジのような入れ歯「コーヌスクローネ」

コーヌスクローネは、歯に金属の土台を付けて、その上から金属の被せ物を装着している入れ歯をはめ込む入れ歯のことです。

 

例えば、2つ重ねた紙コップは密着していて、取れづらくなります。

コーヌスクローネも同じで、土台の金属と被せ物をピッタリとはめ込むことで、ズレが少ない固定した入れ歯になります。

 

コーヌスクローネの費用は、約50万円~80万円が一般的です。

 

コーヌスクローネの特徴は次の通りです。

 

5-1:見た目が良い

コーヌスクローネは、一般的な入れ歯のように床(歯茎のようにピンク色をした部分)がほとんどないので、見た目が入れ歯とわからないほどです。

5-2:自分の歯と感覚が近い

コーヌスクローネは、噛んだ時の力がかかるのが土台の歯になるため、自分の歯と同じような感覚でしっかり噛んで食事をすることができます。

5-3:違和感や不快感が少ない

入れ歯で覆う部分が多いほど、口の中の違和感や不快感が多くなります。

 

一方でコーヌスクローネは、歯の土台に入れ歯を被せるタイプで、口の中を覆う部分がほとんどなく違和感や不快感が少ないのが特徴です。

5-4:歯磨きしやすい

コーヌスクローネの清掃方法は、外側の入れ歯を外して、土台の歯を歯磨きしていきます。

 

土台の金属は艶があり、汚れが付きにくく歯磨きが簡単にできます。

5-5:長期的に使い続けることができる

コーヌスクローネは、土台となる歯にトラブルが起きても、すぐに対処できるのが魅力でもあります。

 

例えば、金属の土台の歯が歯周病で抜歯になったケースでは、入れ歯の噛み合わせの調整や抜いた歯の部分の修理をして、使い続けていくのが可能です。

6 磁石の引き合う力を利用した「磁性アタッチメント」

磁性アタッチメントとは、磁石の力で安定させている入れ歯のことです。

 

残っている根っこには、磁石とくっつく金属を土台として入れて、入れ歯の裏側に磁石を取り付けた形になります。

 

一般的には、部分入れ歯と総入れ歯のどちらも適応可能です。

しかし歯科医院の方針によっては、部分入れ歯の治療を行っていない場合もあります。

 

磁性アタッチメントの費用は、磁石1個あたり約3万円~5万円入れ歯代が必要になります。

 

磁性アタッチメントの入れ歯の特徴は次の通りです。

6-1:歯への負担が少なく、しっかり噛める

磁性アタッチメントの入れ歯は、歯に装着した金属と、入れ歯の裏側に取り付けた磁石の引き合う力によって、強力に密着します。

 

入れ歯が歯の金属に強力に密着する分、入れ歯のぐらつきやズレがなくなり、しっかりと噛めることが可能です。

 

また、土台の歯には、無理な負荷がかかると外れる仕組みになっているため、歯への負担も少なく、歯の寿命が延びることに繋がります。

6-2:残っている歯が少なくても治療が可能

歯の根っこが1本でも残っている場合には、磁性アタッチメントの入れ歯を作製することができます。

6-3:入れ歯が長く使える

磁石の引き合う力は、低下することがありません。

磁石は半永久的に使うことができ、入れ歯や土台の歯を清潔にすれば長期的に使い続けることができます。

7 噛みしめても痛くない「シリコンデンチャー」

シリコンデンチャーは、入れ歯の裏側に特殊なシリコン樹脂をひいた入れ歯のことです。

 

費用は部分入れ歯で、約10~50万円。

総入れ歯では、約40万円~50万円が相場になります。

 

シリコンデンチャーの特徴は次の通りです。

7-1:ギュッと噛みしめることができる

保険の入れ歯では、噛んだ時に硬い部分が歯茎に当たって痛みがでるので、かたい食べ物や引きちぎる食べ物は避ける場合が多いです。

 

しかし、シリコンデンチャーの内側はクッションのような弾力性があって、ギュッと噛みしめても痛みを感じにくいのです。

 

しっかりと噛み込むことが可能なため、色んな食事を楽しむことができます。

7-2:入れ歯のガタつきを防ぐ

入れ歯の裏側のシリコンが、歯茎に吸い付くようにピッタリとくっつきます。

シリコンの吸着力が入れ歯をガタガタしたり、外れたりするのを防いで安定させます。

7-3:歯茎や骨への負担が少ない

保険の入れ歯のように内側が硬いと、噛んだ時に歯茎を圧迫していきます。

 

一方で、シリコンデンチャーの場合には柔らかいシリコン樹脂が噛んだ時に歯茎に当たるので、歯茎や骨に与える負担が少なく済みます。

7-4:金属アレルギーの方でも使用可能

シリコンデンチャーは金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも安心して使用することができます。

8 費用を抑えることができる「インプラントオーバーデンチャー」

インプラントオーバーデンチャーとは、アタッチメントという金属入れ歯の内側に取り付けて、顎の中に埋め込んだインプラントに差し込むタイプの入れ歯のことです。

 

この方法では、インプラントを顎の骨の中に埋め込む、外科手術が必要になります。

 

インプラントオーバーデンチャーの特徴は次の通りです。

8-1:噛む機能が上がる

インプラントオーバーデンチャーでは、顎の骨に埋め込んだインプラントで噛む力を支えています。

 

歯茎で噛む力を支えるより安定感が増し、今までより食べ物をよく噛めるようになります。

 

また、入れ歯の維持力も高く、食事中や会話の途中で入れ歯がズレたり、外れたりすることもありません。

8-2:長期的に入れ歯が安定する

通常の入れ歯を長く使っていると、歯茎が痩せて隙間ができ、食べ物が詰まりやすくなったり、ガタついて噛めなくなったりすることがあります。

 

一方でインプラントオーバーデンチャーの場合は、インプラントが入れ歯の支えになっているので、歯茎が痩せるといった症状もほとんどなく使い続けることが可能です。

 

8-3:費用を抑えることができる

失った歯の数だけ、インプラントを入れるとなると、費用が高額になります。

 

インプラントオーバーデンチャーの場合には、インプラント1本から治療することができるので、費用が抑えられて経済的です。

 

インプラントオーバーデンチャーの費用の相場は、約50万円~150万円になります。

9 入れ歯で快適さが変わってくる

入れ歯は生活の一部になります。

頻繁に痛みが出たり、会話の途中で外れたりすると生活に支障がでるようになります。

 

そのため、どんな入れ歯を選ぶのかはとても重要です。

 

自分の生活習慣や、口の状態に合った入れ歯はどれなのかを担当医とよく話しあい、自分に合ったピッタリの入れ歯で、快適な生活を送りましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する