【根管治療】なぜ神経を抜く必要があるの?

「医師に根管治療を勧められたが、歯の神経を抜くと聞いて怖くなった」「歯の神経を抜かずに治療はできないの?」

 

本記事では、根管治療をこれから検討しようと考えているみなさんのために、この治療の意義や本質について詳しく解説していきます。デメリットについても言及しますので、根管治療が自分に合っているかどうかを判断するためにお役立てください。

目次

(1)根管治療で神経を抜く理由とは?

「重度の虫歯が進行している」「知覚過敏が著しい」といった症状がある方は、根管治療を勧められることがあります。

 

根管治療は、わかりやすくいいますと、「菌に冒された神経を抜き、空洞になった歯に詰め物をしてフタをする」治療のことです。

 

菌に冒された歯の神経を放置しておくと、激しい痛みに苦しんだり、やがて腐った神経により口臭が悪化したり、重度な炎症を引き起こしたりします。

 

このことから歯の神経を抜く最大の理由は、「菌に冒された部分のみを除去して歯を残す」ということにあります。

 

ここで重要なのは、「歯を残す」という選択肢。もし仮にみなさんが「抜歯」を選択したのであれば、根管治療をする必要はありません。

 

ですから、「必ず根管治療をしなければならない」というわけではなく、あくまでも「歯を残すか抜歯をするか」という選択の上で根管治療があるのです。

 

重度の虫歯になっても「自分の歯を残したい」のであれば、根管治療を検討する価値があるといえるでしょう。

(2)根管治療にデメリットはある?

根管治療は高度な歯科技術を要するため、必ず成功するという保証はありません。以下ではぜひ知ってほしいいくつかのデメリットやリスクについて解説していきます。

(2-1)歯が変色することがある

根管治療を行った歯は、神経が抜かれて実質的に血の通っていない“空洞”状態だとイメージしてください。専門的にこのような歯は「失活歯」とも呼ばれています。

 

もちろん失活歯の空洞部分には、細菌が再び侵入しないように特殊な詰め物をしっかり入れておくのですが、神経がないために、やがて色が黒ずんでいく可能性があります。これを「変色歯」といいます。

 

もちろん、変色歯の対応策はしっかりと用意されていますのでご安心ください。ホワイトニング、かぶせもの、歯のマニキュアなど……方法はさまざまです。根管治療後に変色の現象がみられたら、すぐにかかりつけの歯科医師に相談しましょう。

(2-2)歯が脆くなるリスクがある

上述した変色歯の話と大いに関係のあることですが、神経を抜く以上は、歯が脆くなりやすくなることを覚悟しなければなりません。

 

もともと健康な歯(生活歯といいます)には、歯に栄養を送り込む血管が巡っているのですが、根管治療で神経を抜く際に、血管も失われてしまうことになります。そのため歯が脆くなり、最後には抜けてしまう可能性があります。

 

根管治療を行う際は、「いつまでも失活歯を綺麗に残しておくのは難しい」ということを理解しておく必要があるでしょう。

(2-3)治療の成果は歯の状態や歯科技術に左右されやすい

数ある歯科技術の中でも、根管治療は高度な技術を要するといわれています。そのため成功率は決して高いとはいえません。データによれば、日本国内ではおよそ50~70%の確率で根管治療に失敗してしまうとの結果があるようです。

 

ここでいう「失敗」とは、歯の神経を抜いた後に膿が出てしまったり、再び虫歯に冒されたりしてしまうケースのことをいいます。

 

根管治療中、歯科医師は最善を尽くして虫歯を徹底的に除去しますが、100%完全に菌を取り除けるという保証はありません。見逃してしまった菌が繁殖してしまい、結果的に抜歯を余儀なくされることも珍しくはないのです。

(2-4)治療では痛みを伴うことも

根管治療は「ファイル」と呼ばれる針のような細い棒で神経を除去していきます。おそらく多くの方が、「神経抜きは相当痛いのでは……」と懸念していることでしょう。

 

痛みについては、一概には言えません。麻酔を利かせるため、理屈ではほとんど痛みを感じることなく治療を進めることはできますし、すでに神経が死んでしまっている方は、そもそも麻酔をせずとも痛みを感じることがないといわれています。

 

しかし、神経がまだ死んでおらず、それでいて炎症がひどくなっている場合は、治療中に痛みを伴う可能性がありますので、その点については注意が必要です。

(3)まとめ

本来であれば抜歯をしてもおかしくない歯を、あえて「残す」という選択で治療を進めていくのが根管治療の意義です。

 

そのため、神経が菌繁殖の温床となって深刻な炎症を引き起こしたり、患者が痛みに苦しんだりすることのないように、治療に際しては歯の神経を抜くことになります。

 

根管治療は非常に難易度の高い治療といわれているため、「根管治療をすれば必ず歯を綺麗に残すことができる」というわけではありません。

 

また根管治療は、定期的なメンテナンスや検診のために何度も歯科医院に通う必要がありますので、仕事で忙しい方には難しいところです。

 

とはいえ、根管治療はあくまでも選択肢のひとつですので、「歯を残す」ということにこだわりがないのであれば、抜歯などの治療を検討することをおすすめします。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する