入れ歯の方がインプラントに変更する4つのメリット

「入れ歯が痛い」、「しっかり噛めない」、「すぐに外れる」。

 

もしあなたにこんな悩みがあるのでしたら、インプラントに切り替えることで快適な毎日を送れるようになるかもしれません。

 

本記事では、入れ歯のデメリットとインプラントのメリットを比較し、「入れ歯の使用に苦痛を感じている」「昔と同じように食事を楽しみたい」「人に入れ歯であることを知られたくない」という方に、インプラントへの移行を提案していきます。

目次

(1)そもそも入れ歯を使うデメリットとは?

インプラントに変更するメリットをみる前に、まずは入れ歯を使用する上で不便な面、すなわちデメリットを概括していきましょう。そうすれば、インプラントで得られる利点をより明確にすることができるはずです。

(1-1)噛む力が弱い

特に総入れ歯タイプを常用している方に当てはまるデメリットとして、噛む力が弱くなってしまうために食事を楽しめないという点が挙げられます。

 

造形精度の高い入れ歯を使っているからといって、噛む力が特別強くなるというわけでもありません。年齢や性別に関係なく、ものを噛む楽しさを味わえないことに大きなストレスに感じている方も多いのではないでしょうか。

(1-2)噛むと痛い

「装着しているときは問題ないが、ものを噛むと歯茎が痛む」「入れ歯の突起物が口内に当たる」といったお悩みをお持ちではありませんか?

 

そうした問題は、入れ歯の噛み合わせ調整が不十分であることに原因が求められます。噛み合わせの良くない入れ歯を使い続けていると、顎に余計な負荷がかかり、結果的に顎の骨そのものがやせ細ってしまうことも……。

 

仮に噛み合わせをうまく調整できたとしても、使い続けていくうちに入れ歯の形が変形したり、噛み方の癖が独特だったりするために、何度も「噛むと痛い」という状況を繰り返してしまう方もいらっしゃいます。

(1-3)噛み合わせが原因で体調不良が起こる

入れ歯の嚙み合わせが悪い方には、肩こりや首筋の痛みに悩まされている方も多いといわれています。噛み合わせが良くないと、顎の筋肉に繋がっている肩・首の筋肉を強張らせ、血流を悪化させてしまうのです。

 

肩こりや首筋の痛みは、マッサージや整体の施術を受けることで一時的に解消されるかもしれませんが、痛みを引き起こす“根本原因”すなわち嚙み合わせの悪さを改善しなければ、すぐにまた症状が元に戻ってしまいます。

 

慢性的な痛みに悩んでいるのなら、やはり入れ歯そのものを見直さなくてはなりません。

(1-4)入れ歯安定剤のリスク

嚙み合わせの調整がしっかり出来ている入れ歯ならそもそも使う必要はないのですが、「入れ歯を装着しても、なかなかしっくりこない」「入れ歯が落ちてしまう」といった理由から、いわゆる「入れ歯安定剤」を使用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

入れ歯安定剤を使用すると、食べ物のかすが詰まって不衛生になる、口内が渇いて口臭がする、安定剤で歯茎が弱くなるといったデメリットが生じてしまいます。

(1-5)入れ歯の手入れが面倒

口内の健康を維持するためには、入れ歯を常に清潔に保たなければなりません。しかし、入れ歯の手入れは決して楽ではなく、部分入れ歯の使用者でさえ、「いちいち取り外すのが面倒」と考える方も多くいらっしゃることでしょう。

 

それに旅行先で手入れをするとなれば余計な手間がかかりますし、「周囲に入れ歯のことを知られたくない」という方は精神的なストレスを強いられてしまいますよね。

(1-6)見た目の審美性に問題がある

奥歯の部分入れ歯ならあまり目立ちませんが、前歯などは人目につきやすいため、入れ歯の使用そのものがコンプレックスになってしまいます。

 

総入れ歯のユーザーも同様です。自然な歯と比べると明らかに人工物のように見えてしまいますので、「人前で気軽に食事をしたり笑ったりすることができない」とストレスに感じている方も少なくありません。

(1-7)発音がしにくい

またその他にも、入れ歯を装着することで発音の点でデメリットがあります。俳優や声優、接客業といった仕事に従事している方にとっては深刻な悩みとなるでしょう。

 

働き盛りの方にとっては死活問題ですので、可能であれば、インプラントへの移行をおすすめします。

(2)インプラントにするメリットとは?

結論からいうと、これまでに挙げた入れ歯の様々なデメリットを、インプラントなら解消できる可能性があります。では具体的に、インプラントにはどのような利点があるのでしょうか。

(2-1)自然な噛み心地を実現できる

数ある治療方法の中でも、人工の歯根を顎の骨に埋め込むインプラントは、最も自然な噛み心地を実現できるといわれています。顎の骨を土台にガッシリと安定した人工歯根は、しばしば“第二の永久歯”と称されるほどです。

 

つまりインプラントは、入れ歯における「噛む力が弱い」「噛むと痛い」「噛み合わせが原因で体調不良が起こる」といった種々のデメリットを一挙に解消することを期待できます。

 

「これからも食べ物を噛む喜びを味わいたい」「食事のことでストレスを感じたくない」という入れ歯使用者の方には、インプラントへの移行を検討してみる価値が十分にあるでしょう。

(2-2)審美性が抜群

インプラントの特筆すべきもうひとつのメリットは、自然な歯の見た目を再現できるという点です。

 

入れ歯の場合は、歯茎の部分までもが人工物ですので、見た目の違和感が大きな課題でした。しかし人工歯根を顎の骨に埋め込むインプラントなら、まるで歯茎から本物の歯が生えているように見せることが出来ます。

 

「仕事柄、人前で喋ることが多い」「口を開く度に“人からどう思われているか”を気にするのが辛い」という方には、非常に大きなメリットだといえるのではないでしょうか。発音に悩むこともなくなりますので、おすすめですよ。

(2-3)健康な歯を残せる

「総入れ歯にしようか迷っている」方には、ぜひインプラントの選択肢を検討してみてほしいと思います。

 

というのもインプラントは、健康な歯を残しつつ、必要な部分のみの施術で済ませることが出来るからです。

 

自分の歯を残すことは、口内の健康を維持することにも繋がります。しかし総入れ歯にするには、必然的に、現在残っている歯も抜かなくてはなりません。

 

まだ総入れ歯にしていない方は、かけがえのない歯を守るという意味でも、インプラントへの変更を視野に入れてみてください。

(2-4)入れ歯に比べると手入れが楽

インプラントを埋め込めば「毎日食事が終わるたびに入れ歯を洗浄するのが面倒」「旅先で入れ歯を取り外すのが嫌」といった手入れに関する悩みから解放されます。

 

基本的にインプラントはブラッシングやフロスを丁寧に行えば清潔を保つことが可能です。普段の歯磨きと同じ感覚で手入れを行えますので、入れ歯の洗浄ルーチンを負担に感じている方にはおすすめ出来るといえるでしょう。

(3)インプラントにデメリットはあるの?

インプラントを検討する際には、いくつかの点で注意しなければならないことがあります。

(3-1)外科手術を伴う

人工歯根を顎の骨に埋め込むことになるため、必ず外科手術を伴います。手術は局部麻酔で済む程度に簡単で、1時間~1時間30分ほどで終わるケースが一般的です。

 

「手術が怖い」という方のために、恐怖心やストレスを軽減する「静脈内鎮静法」も用意されています。

 

ただし心疾患や糖尿病を持っている方は、インプラント手術そのものを受けられない可能性がありますので注意しましょう。

(3-2)費用が高額になりがち

現在我が国では、インプラントは自由診療扱いとなっています。そのため、一個のインプラントあたりの費用が高くなってしまうのがデメリットです。

 

費用については、歯科医院によって異なりますが、おおまかな相場は以下のようになっています。

 

 

診断

 

1.5~5万円

 

手術

 

10~40万円/1本あたり

 

インプラントの上に被せる人工歯

 

5~20万円

 

合計(インプラント1本につき)

 

30~50万円

 

(3-3)歯周病リスクがある

インプラントは丁寧なブラッシングなどで手入れを入念に行う必要があります。さもなければ、「インプラント周囲炎」という歯周病の一種に感染してしまうことも……。

 

インプラント周囲炎は完治が難しいといわれており、症状の進行具合によっては、歯茎が痩せて人工歯根が透けて見えてしまったり、顎の骨が溶けて歯根がぐらついてしまったりすることもあります。

 

もちろん、メンテナンスを怠らない、定期的に検診を受けるといった心構えをしておけば、こういったリスクを大部分軽減することは可能です。

(3-4)インプラント手術の出来は歯科医院に左右される

インプラントを検討する際は、歯科医院選びを慎重に行うことをおすすめします。歯科医師の経験や技術が手術の成功に大きく関係しているからです。

 

「家の近くで通いやすいから」「虫歯治療で昔からお世話になっているから」という理由ではなく、インプラント手術の実績と評判を優先に考えて最適な歯科医院を選ぶようにしましょう。

(4)まとめ

インプラントは、入れ歯の使用で不便を感じている方の代替治療案として非常に最適です。

 

 

インプラントとは?
メリット

 

デメリット

 

・自然な噛み心地を実現できる

・審美性が抜群

・健康な歯を残せる

・入れ歯に比べると手入れが楽

 

・外科手術を伴う

・費用が高額になりがち

・歯周病リスクがある

・手術の出来は歯科医院に左右される

 

 

これから入れ歯にしようとしている方も、すでに総入れ歯にした方も、予算に都合さえつけば、誰でもインプラントへの移行を検討すること出来ます。

 

気になる方は、まずはホームページなどでインプラントに実績のある歯科医院を探してみるとよいでしょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する