【超精密義歯】BPSエステティックデンチャーのご紹介

「ものを噛むと痛い」「見た目が明らかに作り物で、人前で歯を見せられない」「使い続けていると外れやすくなってしまった」

 

総入れ歯には、このような悩みやトラブルがつきものです。おそらく入れ歯を使っているみなさんも、お心当たりがあるのではないでしょうか。

 

そこで今回ご紹介するのは、「BPSエステティックデンチャー」。まるで本物の歯茎から歯が生えているようなリアルな質感と、快適な噛み心地を実現した新機軸の入れ歯です。

目次

(1)こんな人に「BPSエステティックデンチャー」がおすすめ

普段から入れ歯を使っていて、不便に思うことやストレスに感じることはございませんか?以下の項目に当てはまる方は、新機軸の入れ歯「BPSエステティックデンチャー」を試してみるチャンスです。

(1-1)食事を楽しめない

入れ歯使用者の中には、「食べ物をうまく噛めない」「噛むと入れ歯が当たって痛い」といった問題にしばしば悩まされている方も多くいらっしゃることでしょう。

 

従来型の入れ歯は、どんなに細かく噛み合わせを調整しても、一人ひとりの“噛み方の癖や特徴”を再現するのが難しく、顎の力を入れ歯に効率よく伝えることが出来ないといわれています。

 

そのため、入れ歯を使用すると「食事を楽しめない」という大きなストレスを抱えてしまうことになってしまうのです。

(1-2)肩や首筋が痛む

慢性的な肩の痛みや首筋の張りにお悩みではありませんか?その原因の一つに、「噛み合わせの悪さ」が可能性として考えられます。

 

不自然な入れ歯の噛み合わせは、顎の筋肉だけでなく、肩や首の筋肉を緊張させ、血流を悪くしてしまうのです。

 

「いくらマッサージをしてもすぐに元通りになってしまう」「整体師には“姿勢が悪いから”と言われているが、一向に良くならない」という方は、いま一度、入れ歯の嚙み合わせを見直してみる必要があります。

(1-3)入れ歯安定剤を使っている

入れ歯使用者の中には「入れ歯安定剤を使っている」という方もしばしばいらっしゃいます。しかし本来的に、自分の噛み合わせにフィットしている入れ歯を使えば、そもそも安定剤は必要がないはずなのです。

 

入れ歯安定剤は、常用し続けると、歯茎を傷める恐れがあります。歯茎がふやけてしまい、安定剤をつけても入れ歯が吸着しなくなり、まるで意味が無くなってしまうことも……。

 

安定剤を使用しないと入れ歯が合わないという方は、いますぐに入れ歯の作り直しをするか、本記事でご紹介する「BPSエステティックデンチャー」への切り替えをおすすめします。

(1-4)入れ歯の見た目がコンプレックス

従来型の総入れ歯は、「見た目が明らかに作り物っぽい」という審美性の面で非常に大きな課題を抱えています。

 

「周囲に総入れ歯であることを知られたくなくて、人前で喋ったり笑ったりするときに口元を隠してしまう」「入れ歯であること自体にコンプレックスを感じてしまい、大勢の人がいるところに居るだけで精神的なストレスがかかる」

 

このようなお悩みをお持ちなら、ぜひ「BPSエステティックデンチャー」を試してみてください。以前のように食事や旅行が楽しめるようになるかもしれません。

(2)「BPSエステティックデンチャー」とは?

「BPSエステティックデンチャー」は、これまでの常識を覆しうる、まったく新しいタイプの入れ歯です。従来型の入れ歯が抱えていた様々な欠点やデメリットを、トータルで克服しようと試みたのが「BPSエステティックデンチャー」最大の特徴といえるでしょう。

 

スイスに本社を置くイボクラールビバデント社によって開発された「BPS(Biofunctional Prosthetic System:生体機能的補綴システム)」は、まるで歯茎から本物の歯が生えているかのような自然な噛み心地を再現。

 

「BPSエステティックデンチャー」は、そんなBPSに「審美性」と「機能性」を追加した、フルオーダーメイドの総入れ歯です。

 

BPSがオフィシャルに認めている専門歯科医師と歯科技工士がタッグを組みながら、一人ひとり異なる顎の使い方・噛み合わせのバランス・筋肉の動きを徹底追求。緻密な検査を何度も繰り返して得られる膨大なデータをもとに、極上のフィット感のある総入れ歯を作成します。

 

しかも「BPSエステティックデンチャー」が重視するのは、噛み合わせに関するデータだけではありません。使用者の生活習慣や職業までをも入れ歯の構成要素に加えることで、“噛む”という行為をより奥行きのあるものとして捉えています。

(3)「BPSエステティックデンチャー」のメリット

従来型の入れ歯に比べて、「BPSエステティックデンチャー」にはどのような利点があるのでしょうか。

(3-1)審美性と機能性を同時に実現する

「フォナレス人工歯」と呼ばれる義歯は、使用者一人ひとりの年齢・輪郭・顎の形・噛み合わせをフィードバックし、最も自然な歯をフルオーダーメイドで再現。

 

これにより、「明らかに作り物に見える」「歯の光沢がプラスチックみたいで嫌」といった従来の総入れ歯が抱えていた問題点を、同時に克服することが出来ます。

(3-2)抜群のフィット感

「BPSエステティックデンチャー」で作られた歯茎は、長期的な使用にも耐えられる特殊重合レジン。変形や変色を防止し、いつまでも快適な付け心地を維持します。これでもう、入れ歯安定剤を常用しなくても済みますよ。

(3-3)痛くない

「ものを噛むと痛い」「長い時間付けていると入れ歯がズレて口内に当たる」といった

といったお悩みをお持ちではありませんか?

 

フルオーダーメイドで一人ひとり最適な入れ歯の形状を実現する「BPSエステティックデンチャー」なら、痛みを気にすることなく“噛む楽しさ”を味わえますし、一日中装着していても快適です。

(3-4)肩こりや首筋の張りを改善

最適な嚙み合わせを実現する「BPSエステティックデンチャー」は、従来の入れ歯を使用することで悩まされていた肩こりや首筋の張りの改善を期待出来ます。

 

悪い嚙み合わせを放置しておくと、身体の痛みだけではなく、耳鳴り・血圧異常・脳梗塞などの症状も引き起こしてしまう可能性も……。お心当たりのある方は、すぐに対処することをおすすめします。

(4)「BPSエステティックデンチャー」を使用するまでの流れ

①検査で口腔内データを収集

その人にとって理想となる入れ歯を製作するため、診察の段階では、顔の輪郭・顎の形状・顎の筋肉の使い方・歯茎の噛み方の癖といったデータを細かく集めていきます。

 

②噛み合わせの確認

入れ歯の精度を高めるために、様々な角度で嚙み合わせを確認します。

 

③歯科技工士と入れ歯のイメージを決定

いよいよ入れ歯の製作段階です。BPS公認の歯科技工士が、歯列や歯肉の色合いなど、入れ歯の完成イメージを決めていきます。

 

④完成・装着

入れ歯が完成したら、実際に装着してフィット感や噛み心地を入念に確認します。専門歯科医師が日々のメンテナンス方法を教えたり、定期検診をすすめたりしますので、よく聞いて入れ歯を大切にする習慣を身につけましょう。

(5)まとめ

食べる、話す、笑う。本物の歯のような嚙み心地と見た目を再現する「BPSエステティックデンチャー」は、 “当たり前のことを当たり前に出来る幸せ”を追求します。

 

 

「BPSエステティックデンチャー」まとめ
おすすめできる人

 

・食事を楽しめない

・肩や首筋が痛む

・入れ歯安定剤を使っている

・入れ歯の見た目がコンプレックス

 

特徴

 

・審美性と機能性を同時に実現する

・抜群のフィット感

・痛くない

・肩こりや首筋の張りを改善

 

 

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する