噛める入れ歯と噛めない入れ歯との違いは?/選び方とポイントを解説

「せっかく入れ歯を作ったのに痛くて食べ物を噛めない・・」

 

会話中に入れ歯が外れてしまうケースもありますが、やはりこの入れ歯でもうまく噛むことはできません。また、自費診療でそれなりの費用をかけたにも関わらず、うまく噛めないという方もいます。なぜ噛めない入れ歯になってしまうのでしょうか。

 

今回は「せっかく作った入れ歯が噛めないのはなぜ?噛める入れ歯と何が違うの?」についてご紹介します。さらに、噛める入れ歯を作るためのポイントについても解説します。

 

入れ歯を検討している方や、いま使っている入れ歯が噛めない方にとってご参考いただける内容となっています。

目次

1. 噛めない入れ歯とは?

せっかく入れ歯を作ったのに、食べ物をうまく噛めないという方が一定数います。とりあえず抜けてしまった部分は隠せても、大切な食事がしにくいのでは残念です。

 

なぜ作った入れ歯がうまく噛めないということが起きるのでしょうか。一番の原因は、自分の口にあっていないという点が挙げられます。

 

それでは、食べ物をうまく噛めない入れ歯のポイントについて詳しくご説明します。

1‐1. 保険適用の入れ歯は噛めない?

「保険適用の入れ歯は噛めない」という情報は、確かにネット上でもよく目にします。ではなぜ、保険適用の入れ歯ではうまく噛めないのでしょうか。理由は以下のようにいくつかあります。

 

①土台となるプラスチック(レジン)が分厚すぎる

②患者さんの口内に適切な素材を選ぶことができない

③入れ歯と歯茎が隙間なく、ぴったり密着していない

④噛む力が加わるたびに、土台のプラスチックがたわむ(ゆがむ)

 

保険適用の入れ歯は費用面のメリットはありますが、やはり素材選びから作製方法の選択ができないため、入れ歯の完成度に限界があります。とりあえず抜けてしまった部分をカバーすることはできますが、力のかかる咀嚼(そしゃく)についてはあまり期待できません。

1‐2. 自費で作製したのに噛めない入れ歯

保険適用の入れ歯では、うまく噛めない理由については上記でご説明しました。しかし、保険の効かない「自費の入れ歯を作製したけど、思うように噛めなかった・・」という方も存在します。保険外の入れ歯は、患者さんが素材や構造などを自由に選ぶことができるにも関わらず、うまく噛めないのはなぜなのでしょうか。

 

いくつか理由はありますが、大きな原因はほぼひとつと言えます。

 

「患者さんごとに異なる噛み合わせやバランスなど、複雑な口内の形状が考慮されていない」

 

保険適用外の入れ歯は非常に多くの種類があり、患者さんの様々なケースに合わせて選ぶことができます。しかし高額な入れ歯を選んだとしても、患者さん自身にぴったり合っていなければ、うまく噛めない入れ歯になってしまうのです。

 

次の章では、噛める入れ歯を手に入れるための大切な要素と選び方についてご説明します。

2. 噛める入れ歯を手に入れるためには

入れ歯そのものが良いものであっても、それだけで噛めるようになるわけではありません。

噛める入れ歯を手に入れるためにはクオリティに加え、一定以上の技術が必要なのです。

 

実際に「それなりに良い入れ歯を作ったのにうまく噛めなかった」という話があります。なぜ良い入れ歯にも関わらず、食べ物をうまく噛めないのでしょうか。

 

実は噛める入れ歯は、入れ歯自体の品質に加えて、以下のように欠かすことができない要素が揃うことで完成するのです。

 

・入れ歯の選択肢が多い

・自分だけの口にぴったり合わせる

 

上記の要素をひとつずつご説明します。

2‐1.  入れ歯の選択肢が多い

現在は非常に多くの入れ歯があります。安くて簡単に作製できるものから、しっかりと綿密に検査をした上で、歯科技工士が丁寧に作り上げる高品質な入れ歯まで様々です。ですから、患者さんとしては少ない選択肢から決めるよりも、多くの中から自分に合った入れ歯を選ぶことが大切なポイントになります。

 

入れ歯を作る際には、選択肢を踏まえて事前にインターネットで調べたり、歯科医院に問い合わせておきましょう。

2‐2. 自分だけの口に合わせる必要がある

口の中は誰もが同じではなく、人の数だけ違いがあります。同じものはひとつもありません。ですから、ただ単に高額な入れ歯なら噛めるというわけではないのです。

 

・残っている歯の位置や本数

・現時点の噛み癖(偏りなど)

・あごの骨の減り具合

・あご関節の動き方とゆがみ

・あごの上下の位置関係

・加齢による歯茎や噛む力の変化

・その他

 

噛める入れ歯を作るためには、作製前に患者さんの口内を詳しく検査し、状況を把握する必要があります。また、形さえ合えば良いのではと思う方もいるのですが、若い方と高齢の方では顎の力が異なるため、噛む力も踏まえた作製が必要です。

 

結果として、患者さんのあらゆる要素を踏まえることで、自分の歯のように噛む力を発揮できる入れ歯が完成するのです。

3. 入れ歯の種類や技術以外に大切な要素

噛める入れ歯のためには、自分に合う製品の選択がもちろん大切です。しかし入れ歯は既製品ではないため、事前の検査の非常に大切になります。ですから自分の口にぴったりの入れ歯を作るためには、関わる人も大切な要素になるのです。

3-1 . 歯科医師の技術と向き合い方が大切

自分にぴったりの入れ歯を手に入れるためには、歯科医師の技術だけでなく、向き合う姿勢も重要です。やはり経験の長さもある程度は技術に影響しますので、入れ歯作りに慣れている医師であることもポイントです。

 

さらに、入れ歯を製品として常に品質を向上させようと心がけている姿勢も非常に大切な要素になります。

3‐2. 患者と歯科医師の相性も影響する

入れ歯作りは1日や2日のように短い期間で終わるものではありません。相談や事前の検査を行い、選択する入れ歯によっては抜歯や手術が必要な場合もあります。そこで質問はもちろん、場合によっては患者さんが心配になったり不安を感じることもあるかもしれません。

 

いつでも気兼ねなく、質問や相談ができる歯科医師との関係は患者さんの安心に繋がります。

4. 噛める入れ歯と噛めない入れ歯との違いは?「まとめ」

食事は生きるために必要な作業ですし、人によっては趣味やコミュニケーションとしての一面もあります。ですから、安心して噛めるという行為はとても大切なことです。

 

せっかくお金を払い、場合によっては抜歯をすることもあるのですから、時間をかけても噛める入れ歯を手にしたいものです。ポイントとしては、設備や自分に適した入れ歯を選択できることに加え、担当する歯科医師との信頼関係も欠かせません。

 

入れ歯を検討している方、あるいはすでに所有している入れ歯が噛めない方は、経験豊富で技術が高く、信頼のおける歯科医院を探すことが大切になります。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する