その日のうちに噛める「抜歯即時インプラント(即時荷重)」とは?

インプラント治療は、時間がかかる治療だと思っていませんか?
医療技術も1分1秒単位で進化し、そして進歩しています。歯科治療も同様に日々進化し続けていて、特に注目度の高く、第二の永久歯と言われているインプラント治療の進化は、止まることはありません。インプラント治療の課題のひとつでもある、治療期間も進化しています。その進化した治療のひとつが、抜歯即時インプラント治療になります。

 

本記事では、抜歯即時インプラントについて簡単でわかりやすく解説していきます。ワンランク上の治療。抜歯即時インプラントを検討している方は是非、参考にして下さい。

目次

1 抜歯即時インプラントは画期的な治療法

失った歯と同じ機能を再現できることから、インプラントは画期的な治療と言われています。しかし、インプラント治療も完璧な治療法ではありません。

特に治療期間が長いなどのデメリットがあります。

しかし、このデメリットを改善した治療法が生まれました。それが抜歯即時インプラントです。抜歯即時インプラントとは、その名の通り歯を抜いたと同時にインプラントを埋める治療法です。治療の流れは一般的なインプラントとほぼ同じになりますが、少し異なる内容もあります。それが下記です。

・診査、診断
一般的なインプラント治療でも診査、診断は詳しく行います。しかし、抜歯即時インプラントは、治療ができる条件が限られていることから診査、診断をより詳細に行う必要性があります。CT撮影やインプラントを入れるシミュレーションのための型取り、歯周病検査といった項目で治療が可能なのかを判断します。

2 抜歯即時インプラントの「メリット」

抜歯即時インプラント治療は、一般的なインプラント治療に比べて、多くのメリットがあります。このメリットが抜歯即時インプラントの最大の特徴でもあり、進化したインプラント治療と言われている理由です。では、メリットについて詳しく解説していきます。

2-1:歯が無い時期がない

抜歯即時インプラント治療では、歯を抜くと同時にインプラントを入れます。その際に仮歯を付けるケースが多いため、歯が無い時期は、ほとんどありません。見た目を気にしながら生活する必要はないので安心して下さい。

2-2:負担が減る

患者さんの身体的な負担や精神的な負担が減ります。一般的なインプラント手術では主に2回の手術が必要です。「手術」の言葉でさえ不安を覚えるのに、それが2回となると不安も2倍になります。しかし、抜歯即時インプラントの手術は1回で完了します。そのため、「1回の手術を頑張れば良い!」と前向きな気持ちで手術に挑むことができるようです。

2-3:痛みや腫れが少ない

通常のインプラント治療では、専用のドリルで徐々に骨を削りながらインプラントを埋め込む穴を広げていきます。その時の刺激によって、痛みや腫れるといった症状が強くでることがあります。しかし、抜歯即時インプラントでは抜いた歯の穴を使用するので、骨をほとんど削る必要がありません。骨にほとんど刺激を与えずに、インプラントを入れることができるので、痛みや腫れを最小限にすることが可能です。

2-4:治療期間の短縮

一般的なインプラント治療では、被せ物が入るまで約1年の治療期間が必要です。ところが、抜歯即時インプラントは1年も治療期間はかかりません。半分の6ヶ月や使うインプラントメーカーによっては、約4ヶ月の短い期間でインプラント治療が完了できます。

2-5:歯茎の形を残せる

歯茎を一度切ると、修復後は同じ形態にはなりません。そのため、他の歯肉部位とのバランスがなくなり審美性が落ちることがあります。しかし、抜歯即時インプラントでは、歯茎を切ることがほとんどないため、今までと同じ歯茎の形を維持することができます。

3 適応条件は「健康であること」

ここまで、抜歯即時インプラント治療の魅力について解説してきましたが、どんな方が適しているのかが気になりますよね。この治療の適応条件は健康であることです。口の中だけでなく、身体も含めた健康のことです。

全身の健康とはどういうことか、インプラント治療とどう関係あるのかを見ていきましょう。

3-1:抜歯をする歯が炎症を起こしていない

抜く予定の歯が炎症を起こしている場合、治療はできません。

なぜなら延焼しているということは「菌が多く存在している」ためです。菌は感染症を引き起こしたり、インプラントが抜けてしまう可能性を作り出すので、炎症を起こしていない歯が治療の対象になります。

3-2:顎の骨が十分にある

抜歯即時インプラント治療は、歯を抜いてすぐにインプラントを入れるため、骨の厚さや量が重要です。なぜなら、骨の厚さや量が足りないとインプラントがグラつく原因になるからです。

3-3:全身疾患がない

糖尿病を始め、心臓病、高血圧、骨粗鬆症などの全身疾患のある方は、インプラント手術を受けるのが難しい場合があります。出血が止まりにくい薬を服用していたり、骨が脆かったりするので、菌に感染する可能性が高くなってしまうからです。

3-4:喫煙していない

喫煙は身体だけではなく、口の中にも影響を及ぼします。喫煙者がインプラント治療を受けるとインプラントの生存率が下がり、インプラント周囲炎にかかる確率も一気に高くなります。また、骨とインプラントの結合や傷の治癒が遅くなることから喫煙している方にはインプラント治療はおすすめできません。

3-5:歯ぎしり、食いしばりの癖がない

歯ぎしり、食いしばりは歯への大きな負担になります。自分の体重の2倍ほどの力が、歯に伝わっていると言われています。インプラントを入れる所に強い力がかかってしまうと、インプラントが破損する可能性があり、被せ物も割れてしまいます。歯ぎしり、食いしばりをしているかは自分では気づきにくいので、歯科医院で見てもらうのが確実です。

4 治療ができる歯科医師は限られる

抜歯即時インプラント治療は進化したインプラント治療です。そのため、治療ができる歯科医院も限られています。歯科医師が、高度な技術や専門的な知識、多くの経験がないとできない治療法です。例えば、感染防止を考えた縫合を知っていて、その技術があること。また、しっかりと診査、診断ができるのも重要です。その点を含めて、歯科医院を選ぶことが大事になります。歯科医院を選ぶ基準は次の通りです。

・インプラント認定医の資格を持っている
・インプラント学会に所属している
・抜歯即時インプラント治療の経験があることを書いている

 

最低限この3つは、医院のホームページで確認するようにしましょう。

5 患者さんのことを考えた治療法

抜歯即時インプラント治療は患者さんのことを考えて、発明された治療法です。多くの方にインプラント治療を受けてもらいたい、治療期間の長さでインプラントを諦めてほしくない思いが詰め込まれています。その分、適応条件が厳しいこと術者の技術力が必要になりますが、患者さんの安心、安全を考えてのことです。信頼できる歯科医院を見つけて、治療ができるのかを相談してみましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する