インプラント治療後の「痛み・腫れ」を「最小限」にする治療法とは?

痛みや腫れるといった印象が強いインプラント治療は、前向きに考えにくい治療法の1つと思っていませんか?

 

でも、インプラント治療は必ず痛みや腫れがでる訳ではありません。実際に痛みや腫れを経験せずに、インプラント治療を終える方もいます。

 

では、症状がでる人、出ない人では一体何が違うと思いますか?

 

結論から言うと、症状がでない人は、治療法を選んでいます

 

インプラントの治療法は1つだけではなく、いくつかの治療法があります。症状が出ない人、症状がでても軽く済む人は、痛みや腫れが出にくい治療法を知っていて、尚且つ、その治療法を選択している人なのです。

 

ここでは痛みや腫れを最小限にするインプラントの治療法を詳しく紹介していきます。

目次

1 「痛み・腫れ」が少ない治療法を選ぼう

痛みや腫れを最小限にできるインプラントの治療法は次の4つになります。

 

フラップレス

抜歯即時インプラント

スプリットクレスト法

All-on-4

 

それぞれが、どんな治療法なのかと適応条件について解説していきます。適応条件に当てはまっていないと治療ができない場合があるので、注意して見てみましょう。

 

1-1:フラップレス

フラップレス手術は、歯茎を切ったり、縫ったりしない手術方法です。切らないでどうやって手術をするかというと、インプラントを入れる部分に、針くらいの小さな穴を空けます。空けた穴に沿って、専用のドリルで骨を削っていきます。ある程度の大きさまで削った穴に、インプラントを埋めて終わりになります。

 

フラップレスの適応条件は、次の2つです。

十分な骨の量、厚みがある

十分な量の歯茎がある

 

特に骨の量が少ない方は、フラップレス手術を受けるのが難しい可能性があります。

1-2:抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント治療は、抜歯をしてすぐにインプラントを埋め込む手術方法です。

一般的なインプラント手術では、インプラントが入る大きさまで骨を削る必要があります。しかし、この手術では抜歯をした穴を使うので、ほとんど骨を削ることがなくインプラントを埋めることができるため、痛みや腫れを抑えることができます。

 

適応条件は次の3つです。

十分な骨の量がある

歯周病ではない

全身疾患がない

 

歯周病は顎の骨を溶かす病気です。歯周病になっていると、インプラントを支えている骨を溶かしてしまう可能性があるので、歯周病の治療をしてからインプラント治療をするのが一般的です。

 

そして、全身疾患を持っている方は、出血が止まりにくいことや、傷が治りにくいことから菌への感染率が高くなります。感染率が高いとインプラント周囲炎と言って、インプラントの歯周病になる確率が高くなるので、この治療法ができない場合もあります。

1-3:スプリットクレスト法

スプリットクレスト法は、顎の骨が少なくてもインプラントを埋めることができる治療法です。治療方法は、まずは顎の骨に特殊な器具で切り込みを入れます。次に細いノミで骨を割らないように、少しずつ押し広げてインプラントを埋めます。最後に縫合して終わりです。

 

この手術の特徴は、ドリルをほとんど使わずに、手動でインプラントが入る大きさまで広げていくので、骨にかかる刺激や熱を少なくできるところです。刺激が少ない分、痛みや腫れが軽減されます。

 

適応条件は、特にありません。骨が少ない方でもインプラントができる魅力的な治療法ですが、歯科医師の高度な技術が必要になります。

1-4:All-on-4

All-on-4は、最低4本のインプラントを使って、噛む機能を回復させる治療法です。骨の少ない箇所を避けてインプラント埋めることができたり、インプラントの本数を少なくして、身体への負担を減らすことができるので、手術後の痛みや腫れを抑えることができます。

 

適応条件は次の2つです。

歯が1本もない

残っている歯が機能していなくて、抜く必要がある

2 「痛み・腫れ」を抑えるために他に必要な「要素」は?

インプラントの治療法以外で、痛みや腫れを最小限にする必要な要素があります。

それが次の2つです。

骨の増やし方

歯科医師

 

この2つの要素を、上手くインプラント手術と組み合わせることで、さらに身体的、精神的にも負担が少なくなります。それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

 

2-1:ソケットリフト法

ソケットリフト法は、上顎の骨の厚みや量が足りない時に行う手術です。

歯が生えていた部分から、人工骨を徐々に入れていきます。他の骨を増やす手術方法より、歯茎を切る範囲が狭いため、痛みや腫れを抑えることができるのです

2-2:PRGF法

今まで、骨が無いところの骨を増やすには、自家骨(自分の骨)や人工骨を使って補充していました。しかし、PRGF法は、自分の血液から骨を作り出すことができるので、わざわざ他の箇所から骨を取ることもなく、人工骨を使う必要もありません。

 

やり方としては、わずか20㏄ほどの血液を遠心分離機を使用し分離していき、骨や軟組織を効率良く再生する成長因子(タンパク質)を取り出します。取り出した成長因子(タンパク質)を骨が足りない部分に入れて、骨の再生を促していきます。

 

自分の血液を使用するので、身体への拒否反応もでにくく、腫れる心配もほとんどありません

2-3:歯科医師のレベル

ここまで紹介してきた治療法は、歯科医師の技術や知識、多くの経験が必要です。そのくらい難易度の高い治療法であり、誰でもできる治療でもなく、限られた歯科医師しかできないのです。痛みや腫れを最小限にするには、手術をする歯科医師の高いレベルも必要不可欠なのです

3 治療法によって「痛み・腫れ」は最小限にできる

こんなにも痛みや腫れを最小限にできる方法があったのか!と驚いた方もいるのでないでしょうか?

 

この治療法を知っているか、いないのかでは、歯科医院を探すポイントも変わってきますよね。

 

痛みや腫れを抑えて快適にインプラント治療を受けるためには、まず担当医に相談することから始めてみましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する