根管治療を行っていますが最終的に「抜歯」の宣告を受けました・・・

もし、抜歯と宣告されても、歯を残せる可能性があります。
100%歯を残せるとは断言できませんが、状態によっては今回、紹介する治療方法で抜歯せずに済むかもしれません。

1%でも歯を残せる方法があるのなら、治療を受けてみたいですよね。
一度抜いた歯は、二度と元には戻りません。抜歯をしてから後悔していては遅いのです。

そこで本記事では、抜歯をせずに歯を残す治療方法について紹介していきます。
また、最後には、それでも抜歯になった場合の治療方法についても解説していきます。

目次

1 根管治療から最終的に抜歯になる理由

根管治療から抜歯になった理由を担当医に聞きましたか?

 

抜歯になる理由を知ること、理解することは大切です。

それは、また同じことを繰り返さないためです。

 

根管治療から最終的に抜歯になる理由は次の通りです。

何度も根管治療を繰り返している

根の先まで除去できない

虫歯の進行範囲が広い

根に大きな穴が空いていた

何回も痛みや腫れが続いた

根が折れている、ヒビが入っている

歯周病が進行している

 

それぞれを詳しく説明していきます。

1-1:何度も根管治療を繰り返している

根管治療は、根管の中を綺麗にする治療です。

根管の中の細菌に汚染された部分を、針のような器具で丁寧に除去していきます。

しかし、細菌は根管内の壁も汚染していることが多く、細菌を除去していくと同時に、根管内の壁も削ってしまいます。

 

そのため、何回も根管治療を繰り返し行うと、壁がどんどん削られていき歯が薄くなってしまうのです。歯が薄い状態で、被せ物を付けると、根が噛む力に耐えきれずに、歯が折れてしまう可能性があります。

1-2:根の先まで除去できない

根管の中は、暗くて狭いので肉眼で根の先まで見えることは、ほとんどありません。肉眼のまま治療をする術者は、今までの経験や指先の感覚を頼りに治療をしています。

 

その方法で、根の先まで細菌の除去ができれば良いのですが、人によっては根管が複雑になっていることが多く、根の先まで除去できないことがあるのも事実です。

根の先までいる細菌を除去できない場合、再発率が高くなって、何度も根管治療を行うことになります。

1-3:虫歯の範囲が広い

根管治療をする前に、虫歯がどのくらい進行しているのかをレントゲン写真で確認します。しかし、レントゲン撮影の角度によっては、虫歯がレントゲンに写らないこともあり、実際に虫歯を除去していく中で、思っていたより虫歯が歯茎の下まで進行していることに気づく場合があります。歯茎の下まで虫歯が進行していると治療も難しくなるので、抜歯になる可能性があるのです。

1-4:根に大きな穴が空いている

根管は人によって根の数や、形が様々です。

例えば、1つの根管の中で、根の先が複数に枝別れしていることがあります。そのことに術者が気づいて、治療をしていれば問題はありません。しかし、根の先が複数に別れていることを知らずに、同じ根の先を治療し続けると、穴が空きます。

 

また、器具を過剰に使うことで、器具が根の先を突き抜けてしまい、穴が空くこともあります。根に穴が空くと、歯を残すのは難しいため抜歯になります。

 

1-5:何回も痛みや腫れが続いた

根管治療をしても痛みや腫れが続く原因は、根の中に細菌が残っているからです。

根の中に残っている細菌は、時間の経過と共に住み家の範囲を広げていきます。その住み家になるのが、根の先にできる膿です。膿が溜まることで痛みや腫れが続きます。

腫れや痛みが出るたびに根管治療を繰り返していくと、歯が薄くなり抜歯になる場合があります。

1-6:根が折れている、ヒビが入っている

歯の根にヒビが入っている場合や完全に根が折れている場合には、抜歯になる可能性があります。根にヒビが入っていると、ヒビの間から細菌が侵入するからです。また、折れている根も同様に、細菌感染の問題から抜歯と宣告されることがあります。

1-7:歯周病が進行している

歯周病は歯を支えている骨を溶かす病気です。骨が溶けると、歯はしっかりと立つことができずにグラグラします。

特に、重度歯周病になった場合には、歯が抜けてしまう可能性が高く、どんなに完璧な根管治療をしても、歯の土台である骨が無いことには歯を残すことはできません。

 

2 最新医療器械「マイクロスコープ」

上記にある「抜歯になる理由」に当てはまっても、最新の医療器械を使うことで歯を残せる可能性が十分にあります。

それが、マイクロスコープを使った精密根管治療法です。

 

まず、マイクロスコープとは歯科用顕微鏡のことです。

マイクロスコープを使うことで次のようなメリットがあるため、抜歯と宣告された歯でも残せる可能性が高くなります。

根管内の細菌を除去することができる

治療の正確性が上がる

確実な診断ができる

 

それぞれを詳しく見ていきましょう。

2-1:根管内の細菌を除去することができる

マイクロスコープは、根管内の暗くて狭いところに光を当てて見ることができ、肉眼で見るより約8倍~32倍の大きさで根管内を見ることができます。根の先まで拡大して見ることができ、細菌の取り残しを防いで治療をすることが可能です。

 

2-2:治療の正確性が上がる

肉眼で根管治療をしている時は、術者自身の今までの経験や指先の感覚など、手探りで治療を行うことしかできませんでした。しかし、マイクロスコープを使うことで、今まで見えなかった物が見えるようになり、治療の正確性が上がります。

 

例えば、レントゲン写真にも写らなかった、枝別れした複数の根の先もマイクロスコープでは、確認することができます。そのため、誤って同じ根を繰り返し治療することもなく、原因がある部分だけを治療する正確性が増すのです。

2-3:確実な診断ができる

今までの根管治療では、レントゲン写真や術者の経験から「多分、根の先が別れています。」「根がおそらく割れているでしょう。」としか言えなかった部分があります。

しかし、マイクロスコープは細かいところまで正確に見ることができるので、病気の原因を突き止めて、確実な診断ができます。

 

3 抜歯した場合の治療方法

マイクロスコープを使っても抜歯になった場合には、3つの治療方法があります。

 

インプラント

ブリッジ

入れ歯

 

それぞれがどんな治療方法なのか、簡単に紹介していきます。

3-1:インプラント

インプラントとは、人工歯根のことです。歯を失ったところに人工歯根を顎の骨の中に埋め込んで、歯の機能を回復させる方法がインプラント治療です。

インプラントは他の自分の歯と変わらないくらい、自然に噛む機能を取り戻すことができます。さらに、見た目は人工物とわからないくらいの美しさです。

3-2:ブリッジ

ブリッジとは、橋のような被せ物のことです。失った歯の両側の歯を削って、橋を架けるように繋がった被せ物を装着します。

被せ物が歯に馴染んだら、しっかりと噛むことができます。しかし、ブリッジは失った歯を補うために、両隣の歯を削る必要があり、虫歯になっていない歯であっても被せ物をするためには削らなければいけません。

3-3:入れ歯

入れ歯は、歯と歯茎の形をプラスチックで作った物を、歯が無いところにはめます。保険適応の入れ歯は、費用がかからずにできますが、入れ歯をはめるための歯にひっかける金具が付ける位置によって目立つ場合があります。また、劣化しやすく隙間が空きやすいので、食べ物のカスが詰まりやすい場合もあります。

 

4 諦めずに「セカンドオピニオンへ!」

セカンドオピニオンとは、他の歯科医院で診査、診断をして意見を聞くことです。他の歯科医院の意見を聞くことで、歯の治療をする時の参考にすることができます。

今回の抜歯を宣告された場合では、マイクロスコープを使用して根管治療をしている歯科医院に相談することで、抜歯をせずに残すことができる可能性があります。

 

だから、抜歯の宣告を受けてからすぐに抜歯をするのは、早すぎます。

歯は一生物です。歯を抜かずに長く使い続けるためにも、まずは他の歯科医院に相談しにいきましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する