根管治療がなかなか終わらない…再発してしまう…とお悩みの方へ!

何ヶ月も何年も痛みに耐えながら、歯科医院に通い続けていませんか?

何度も根管治療を繰り返ししていると、歯が弱くなり抜歯になる可能性があります。

 

歯を残すための治療が、歯を失う原因を作り出しているのです。歯を失わないためにも、根管治療の再発を防ぐことが重要です。また、再発しても根管治療の治療法を選択することで、歯を残せる可能性が高くなります。

 

そこで本記事では、根管治療の再発を防ぐ治療法について解説していきます。

根管治療がずっと続いて不安

再発しない治療法が知りたい

とお悩みの方は是非、この記事を参考にして下さい。

目次

1 根管治療は細菌を取り除く治療

まず、根管治療がどういった治療なのかをしっかりと理解しましょう。

根管治療とは、細菌に汚染されている根管を綺麗にする治療方法です。根管は、神経や血液が流れる管のことで、根管治療をする時には、細菌の住処となっています。治療では、リーマーという針のような器具で少しずつ細菌を取り除いていきます。根の先に膿が溜まっている場合もあり、腫れや痛みの症状には個人差があります。

 

2 根管治療が再発する原因は?

治療を受けたにも関わらず、どうして再発するのでしょうか?

再発する原因は、主に次の4つにあります。

細菌の取り残しがある

根の先まで薬を詰めることができなかった

歯の根が破折している

被せ物から細菌が侵入した

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

2-1:細菌の取り残しがある

歯の根の中は、人によって様々な形や特徴があります。

それは、髪の毛の太さや質感が個人で異なるように、根っこの中の構造も異なるのです。

例えば、人によっては、一般的な根っこに比べて、湾曲している形になっている根っこもあります。他にも、根っこの中の部屋が枝のように、いくつか別れている場合もあります。狭い根っこの中が、さらに細かく別れていると、治療の難易度も上がって、細菌を取り残す確率も高くなります。

 

珍しい根の形として、奥歯の2つある根っこの先端同士がくっついていることがあります。

先端同士がくっついていると、根っこの中の根管が繋がっていて、さらに根管内が複雑になるので治療の難易度が上がるため、細菌が残る可能性があるのです。

2-2:根の先まで薬を詰めることができなかった

根管治療をして細菌を取り除いても、その後の治療で神経の代わりになる薬が根の先まで行き届いてないと意味がありません。

根の先が薬でしっかりと詰められないと、隙間から細菌感染を引き起こすことがあります。また、根尖病巣と言って、根の先にできる膿を作り出す原因になることもあるのです。

2-3:歯の根が破折している

いくら根管治療をしても歯の根っこが折れていたら、痛みや腫れは治まりません。

根の中から折れていたり、クラック(亀裂のこと)があったりするのを見逃してしまうのは、根管の中が暗くて狭いため、肉眼では確認しづらいことが原因の1つになります。

 

2-4:被せ物から細菌が侵入した

細菌は、わずかな被せ物の隙間を通って歯の中に侵入していきます。

侵入した細菌は、被せ物の中で数を増やして、歯の周りの組織や歯を侵食していくのです。

そうなると、痛みや違和感がでたりするので、虫歯の進行状態によっては、被せ物を外して根管治療をやり直す場合もあります。

被せ物を入れるまでの治療が、上手くできても被せ物がぴったりと歯に合っていないと再発する可能性があるのです。

 

3 再発を防ぐ治療法は「3つ」

根管治療を終わらせることや再発を防ぐには、細菌を根管内に侵入させないが鉄則になります。さらに、何が原因で痛みや腫れが出ているのかを正確に診査、診断する判断力も必要です。この2つを歯科医院に取り入れているのか、いないのかで、再発する確率は大きく変わってきます。

 

その2つのことを取り入れた治療法は次の3つです。

CT分析

ラバーダム

マイクロスコープ

 

それぞれがどんな治療方法なのかを、簡単に解説していきます。

3-1:CT分析

まずCTとは、X線とコンピューターを使って、歯の断面を見ることができるようにする装置のことです。CTを使うことで、今までのレントゲン写真では見ることができなかった部分が、見られるようになって診査、診断が容易になり、病気の原因も判断できるようになりました。

 

また、CTは部分的に見ることができるので、根っこの細かい状態を確認することも可能です。例えば、根っこが湾曲していないか、枝別れした細い根管もいくつあるのかまで確認することができます。CT分析をすることで間違った診査、診断をすることが減り、適切な根管治療をすることが可能になって、根管治療の難易度が下がり、再発を防ぐことができるのです。

3-2:ラバーダム

ラバーダムとは、治療する歯以外の口の周りを薄いゴムで覆う治療法のことです。

治療する歯だけが露出している状態になります。

 

ラバーダムは、唾液が根管内に入ることを防ぐことを目的としています。根管治療には、ラバーダムは欠かせません。なぜなら、ラバーダムをしないで根管治療をするのは、汚い水たまりに怪我をした足を自ら入れることと同じで、怪我を悪化させる原因になるからです。ここでの汚い水である唾液には、多くの種類の細菌が存在していて、少しでも根管に入ると中を汚染してしまいます。

 

ラバーダムをして唾液が入らない状態で根管治療を行うと、96%の高い治癒効果があると報告されています。治癒率が高いということは、再発率が低いことに繋がります。しかし、再発を繰り返して治療するたびに、治癒率はどんどん下がっていくため、ラバーダムを使った根管治療は、初めの治療で行われることが重要です。

3-3:マイクロスコープ

マイクロスコープは、歯科用の顕微鏡です。

根管内は狭くて暗いので、裸眼で見える範囲には限界があります。そのため、術者は見えないところは自分の経験や手先の感覚で治療するしかありません。それでは、細菌を確実に除去することはできないので、再発のリスクも高くなります。

 

しかし、マイクロスコープは、裸眼のおよそ8倍~32倍の倍率で、根管を拡大して見ることができます。それにより、根管に細菌の取り残しがないか、根管治療が終わった後の神経の代わりになる薬が先端まで詰まっているかを、マイクロスコープを通して目で確認することができます。マイクロスコープによる精密な治療によって、再発を防ぐことが可能です。

 

上記で紹介した、最新の医療機器やラバーダムを使用して根管治療をしている歯科医院なのかは、ホームページなどで確認することができます。歯科医院に行く前に、確認しておきましょう。

 

4 根管治療はイニシャルトリートメントが重要

イニシャルトリートメントとは、最初に根管治療をする時のことです。

また、炎症が起きた歯に初めて神経を取る処置をする状態のことでもあります。イニシャルトリートメントという言葉が生まれるくらい根管治療は、最初が重要です。

 

根管治療を始める時に、どんな方法で治療方法を取り入れているかが大切で、再発率を左右します。

 

根管治療を何度も続けると、根管の壁が薄くなって、歯自体がどんどん弱くなっていき、抜歯になる可能性が高くなります。そのため、記で紹介した治療法を取り入れて根管治療をしている歯科医院で、しっかりと治療を受けることが大事になります。

 

歯と痛みの限界を迎える前に、信頼できる歯科医院を探して治療を受けましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する