【入れ歯が安定しない】入れ歯安定剤は本当にお勧め?

入れ歯安定剤にどんなイメージをもっていますか?

テレビCMでは、簡単に使える!痛みが無くなる!良く噛める!の三拍子が揃っているように感じますよね?

 

しかし、実際のところ入れ歯安定剤の使い方によっては、入れ歯の状態がさらに悪くなることもあります。

 

入れ歯を安定させたいのに、さらに状態が悪くなるなんて嫌ですよね?

 

そこで本記事では、本当に入れ歯安定剤はオススメなのかついて解説していきます。

入れ歯が安定しなくて、安定剤を使おうか悩んでいる方

現在、入れ歯安定剤を使用していている方

是非、この記事を参考にして下さい。

目次

1 入れ歯が安定しない理由

まず、入れ歯安定剤を使う前に、入れ歯がなぜ安定しないのか?について考えていきましょう。入れ歯が安定しない理由は次の2つです。

入れ歯が歯茎にあっていない

噛み合わせがあっていない

1-1:入れ歯が歯茎にあっていない

入れ歯を作る時には、型取りをするのですが、入れ歯が安定するかしないかは、型取りで決まると言っても過言ではありません。型取りが正確に出来ているほど、歯茎に合っていて落ちない、ピッタリの入れ歯ができるのです。このように正確な入れ歯を作るためには、歯科医師の技術や知識が不可欠になります。

1-2:噛み合わせがあっていない

噛み合わせがあっていないとは、どこかの歯が他の歯に比べて強く当たっていて違和感があることです。部分的に強く当たると、そこに大きな力が加わって、入れ歯がズレたり、痛みが出たりする原因になります。

また、噛み合わせが悪い状態で入れ歯を使い続けると、顎の関節に痛みを生じたり、歪みが出る可能性もあります。患者さんの口の筋肉、舌の動かし方、噛み癖を理解し、それを入れ歯に反映することで、噛み合わせの問題は解決します。

2 入れ歯安定剤はリスクが多い

痛みが出ない、良く噛めるといった、入れ歯安定剤のテレビCMがまだ頭に残っていませんか?テレビCMでは教えてくれませんが、入れ歯安定剤には「使うリスク」があります。

それが次の6つになります。

顎の骨が痩せる

入れ歯が汚れやすく、劣化しやすくなる

誤嚥性肺炎を引き起こすこともある

副作用がでる可能性がある

入れ歯が合わなくなる

痛みや違和感が改善しにくい

 

入れ歯安定剤は間違った使い方をすると、上記のような症状が出ることがあります。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

2-1:顎の骨が痩せる

入れ歯安定剤を正確に使わないと、顎の骨が痩せて入れ歯を支えることができなくなります。特にクッションタイプやクリームタイプの安定剤は、均等に広げることが難しく、力が一方に偏ってしまいがちです。過度の力がかかると、骨が力に耐えきれずにどんどん痩せてしまいます。

2-2:入れ歯が汚れやすく、劣化しやすくなる

安定剤は歯茎にピッタリと付くように開発されていて、粘着性が強い物が多く存在します。粘着性が強いと、入れ歯が落ちるのを防ぐことができますが、入れ歯の清掃が大変になります。まるで、納豆のような粘り気で、全部を落とすのは一苦労。

入れ歯の清掃が綺麗にできないまま、新しく安定剤を付けるとさらに掃除は大変になって、入れ歯はどんどん汚れていきます。また、汚れが入れ歯に溜まると、傷や亀裂に気づきにくくなり、気づいた時には入れ歯が真っ二つに割れていた!なんてこともあるようです

2-3:誤嚥性肺炎を引き起こすこともある

誤嚥性肺炎とは、飲食物や唾液に混じって菌が気管に入ってしまうことで引き起こされる肺炎です。一見、誤嚥性肺炎は入れ歯安定剤と関係無いように思えますが、そんなことはありません。上記で説明したように、入れ歯安定剤をしっかりと取り除くことができずに、重ねるように使い続けると、汚れは溜まる一方です。

そうなると、徐々に口の中の細菌が増えて、口内炎歯周病ドライマウスといった症状が現れます。特に、ドライマウスがやっかいな症状で、口の中を常に乾燥した状態にします。

 

口の中が乾いた状態のまま食事をすると、飲み込む力が弱い方だと、上手く飲み込むことができずに、食道ではなく気管に食べ物が入ってしまい、誤嚥性肺炎を引き起こす場合があるのです。

2-4:副作用がでる可能性がある

数年前までの入れ歯安定剤には、亜鉛が含まれていました。

亜鉛は過剰摂取すると、貧血や手足の痺れといった副作用が出る可能性があります。

現在では亜鉛を使用した入れ歯安定剤はないようですが、数年前の入れ歯安定剤を使っている方は、亜鉛が含まれていないか成分を確認しましょう。

2-5:入れ歯が合わなくなる

入れ歯安定剤は、一時的に使用する物であって、長期間に渡って使う物ではありません。

長い間使い続けると顎が痩せて、入れ歯自体が合わなくなることがあります。

最悪の場合には、入れ歯を最初から作り直すこともあるのです。

使う期間については、日本補綴歯科学会が、歯科医師の管理の下で、短期間の使用が望ましいと発表しています。

 

2-6:痛みや違和感が改善しないこともある

入れ歯安定剤を使うと、必ず痛みが無くなるとは限りません。間違った使い方をすると痛みが強くなったり、違和感が大きくなったりする場合もあります。

3 入れ歯安定剤を使わない「3つの方法」

しっかり噛むことができれば、入れ歯安定剤は必要なくなります。

入れ歯安定剤から解放されるための方法が次の3つです。

腕の良い歯科医師に出会う

歯科技工士との連携ができている

インプラントやブリッジ

 

この3つの方法を詳しく解説していきます。

3-1:腕の良い歯科医師に出会う

入れ歯が合わないのは型取りや噛み合わせに問題があるためです。

歯科医師によって、型取りのやり方も様々ですが、型取りを正確にできること、適切な噛み合わせを創造できることは、良い入れ歯を作るためには必要不可欠です。

3-2:歯科技工士との連携ができている

歯科医師の技術や知識も重要ですが、入れ歯を作製するのは歯科技工士です。そのため、歯科技工士の腕も大事な要素の1つになります。

歯科医師と歯科技工士の間で、情報の共有や連携が上手くできていないと、患者さんに合った入れ歯を作ることはできません。

3-3:インプラントやブリッジ

歯を失った際の他の方法としてインプラントとブリッジがありますが、ここではインプラントに関してご説明します。インプラントに関しての基本情報は他の記事をご確認いただきたいのですが、ここではAll-on-4という治療法に関してご紹介します。

 

All-on-4は、最低4本のインプラントを入れてから固定式の入れ歯を装着する治療法です。この治療の魅力については次の通りになります。

 

固定式なのでズレたりすることがない

しっかりと噛むことができる

歯が無い時期がない

入れ歯を外す煩わしさがない

口元が美しくなる

 

固定式なのでズレたりすることがない

インプラントは顎の骨の中に埋め込むので、しっかりと固定されています。そのため入れ歯とは違って、ズレる心配もありません。

 

・しっかりと噛むことができる

インプラント治療を行うと、自分の歯と同じように硬い物も噛めるようになります。

 

歯が無い時期がない

インプラント治療は外科手術が必要になります。手術をして入れ歯が使えないと困りますよね。しかし、そんな心配はご無用。手術当日に仮歯が入る場合が多いので、歯が無い期間はありません。

 

入れ歯を外す煩わしさがない

入れ歯は使い続けていくと、隙間ができることがあるのですが、そうなると食事のたびに物が入り込んで気持ち悪く、一度入れ歯を外して清掃してからまた食事を・・・といった経験があるのではないでしょうか?また、痛みがでた場合には入れ歯を外して過ごす必要があり、その間は外出が難しくなります。しかし、インプラントは、そういった入れ歯の煩わしさから一気に解放してくれる治療です。

 

口元が美しくなる

インプラントの上に装着する入れ歯は、歯茎のボリューム感をだしたり、歯の形や色を選ぶことができたりと、自分の理想の見た目の歯にすることも可能です。

4 入れ歯安定剤を上手に使うのは難しい

入れ歯安定剤を上手に使うのは難しく、間違ったやり方では、余計に痛みや違和感が出る場合もあります。

 

自分に合っていない入れ歯では、快適な生活をするのは難しく、日々が苦痛に感じてしまうかもしれません。入れ歯が合っていないと思ったら、入れ歯安定剤に頼りっぱなしになるのではなく、担当医にまずは相談してみましょう。

 

それでも症状が改善しない場合には、今回ご紹介した「入れ歯安定剤を使わない3つの方法」を参考にして下さい。

 

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する