歯周内科治療とは?「薬」で治す歯周病治療!!

「歯周病は薬で治す時代!」

今までの常識を覆すような治療法がやっと21世紀に誕生しました。

それが歯周内科治療です。

 

歯周内科治療は、今までの歯周病治療だけの治療より、効率的に歯周病を治すことができます。かといって、薬と聞くと副作用や効果が気になるところだと思います。

 

そこで、本記事では、薬で治す歯周内科治療について、簡単に解説していきます。

薬で治す歯周病治療に興味があるけど、一歩踏み出せない

歯周病治療をしているけど、治りが悪い

とお悩みの方は是非、一度読んでみて下さい。

目次

1 歯周内科治療は「ダブル治療」

今までの歯周病治療では、外科手術が必要になる場合が多くありました。

例えば、重度歯周病が原因で外科手術まで行うと、歯茎が治るまで長い時間が必要になったり、身体的負担が大きかったりします。

 

しかし、歯周内科治療は、薬と歯周治療(歯垢、歯石を機械的に除去すること)の両方を行う「ダブル治療」をすることで、効率的で身体に負担のかかりにくい治療が可能になりました。

 

薬を使って内面から歯周病を治すこと。

歯周治療をして外面的に歯周病を治すこと。

この2つの方向から行うダブル治療が、歯周内科治療の大きな特徴になります。

2 歯周内科治療のポイント

歯周内科治療の流れと一緒に、いくつかのポイントを見ていきましょう。

2-1:位相差顕微鏡で菌を確認する

位相差顕微鏡は、口の中で生きている菌を、その場で見ることができる器械です。

位相差顕微鏡で見る菌は次の2つです。

細菌(カビ菌)

歯周病菌

 

・細菌(カビ菌)

カビ菌は口の中にいる常在菌です。空気中、食べ物、手の指など色んな場所で存在している菌の1つです。そのため、完全に除去することはできません。しかし、カビ菌が増えすぎると歯周病菌の住み家になり、歯周病が進行する可能性があります。

また、口臭や口の中の粘つきは、カビ菌が繁殖した時に見られる症状です。

 

・歯周病菌

歯周病菌の中で、最も有名な菌がスピロヘータです。

スピロヘータは細くて長い形をしていて、素早い動きをする菌です。この菌が口の中にいる=歯周病になっている証拠になります。

 

歯周内科治療は初めに、口の中にどんな菌がいるのかを確認します。

カビ菌が多いのか

歯周病菌が多いのか

どちらの菌もいないのか

などを確認してから、菌を除去する薬を決めていきます。

 

【ここがポイント!】

口の中の菌によって、内服する薬が変わります。口の中で悪さをする菌をピンポイントで狙うため、必ずどの菌が多いのかを検査します。

2-2:内服薬の投薬

歯周内科治療の内服薬でよく使われるのが、ジスロマックです。

ジスロマックは、1日2錠を3日間続けると、約1週間の効果があります。

 

ジスロマックの効果としては、口の中のバイオフィルムを壊す働きがあります。

バイオフィルムとは、歯垢や歯石を覆っている膜のことです。

舌で歯を触ると、ヌメリがありますよね?それがバイオフィルムです。

 

バイオフィルムは、粘着性が強く、膜を突破する力がある薬が今まではありませんでした。しかし、ジスロマックはバイオフィルムに穴を空けて、菌に直接、働きかけることができます。

 

【ここがポイント!】

ジスロマックの副作用は、ほとんどありません。まれに、お腹が緩くなることがあるくらいです。また、多くの歯科医院で使われていて、安全性の高さにも定評があります。

2-3:カビ取り剤・カビ取り歯磨き粉を使用する

カビの種類によっては、専用のカビ取り剤やカビ取り歯磨き粉を使用して、菌を減らす方法を行う場合があります。

 

2-4:歯石除去

内服薬の効果がある内に、歯石除去(歯周治療)を行います。

ジスロマックを服用すると

歯肉の腫れ、炎症を抑える

口の粘つき、口臭を抑える

といった効果が得られます。

その間に、歯垢や歯石を除去することで、より歯肉も引き締まり、細菌の侵入歯周病の進行を防ぐことができます。

2-5:位相差顕微鏡で菌を再確認する

口全体の歯石除去が完了したら、位相差顕微鏡で菌を再確認します。

最初の検査時と比較して、菌がどのくらい減っているか、又は増えていないかを、その場で見ることができます。

2-6:定期検診

歯周内科治療が終わった後は、定期的なクリーニングを受けましょう。

歯周病が再発しないためにも、プロのクリーニングや口のチェックは必要です。

一度、歯周病にかかった人は、また歯周病になりやすいと言われています。同じ事の繰り返しにならないためにも、定期検診は大切です。

3 菌の力を借りるプロバイオティクス療法

プロバイオティクス=善玉菌のことです。

プロバイオティクス療法とは、善玉菌(プロバイオティクス)が持つ長所を生かしながら、病気の治療や予防に役立てる治療法のことです。

 

口の健康は、善玉菌と悪玉菌などの菌が、バランスをとって維持しています。

しかし、菌のバランスが崩れて、悪玉菌の数が増えると、歯周病になりやすくなるのです。

 

そこで登場するのが、プロバイオティクス療法で最も効果があり、臨床実績多くある物がロイテリ菌という善玉菌です。ロイテリ菌は、口の中に取り入れることで、善玉菌を増やしながら、悪玉菌の働きを抑制することができます。

 

特に、バイオガイア社からでているロイテリ菌は、世界80カ国以上の国で使用されていて、安全性も高く、優れた商品です。

 

それでは、ロイテリ菌の効果や特徴について詳しく見ていきましょう。

3-1:歯周病菌の抑制

口の中の悪玉菌が増えると、歯周病を引き起こし、さらに悪玉菌が増えるという悪循環が生まれます。

ロイテリ菌は、抗菌物質を出しながら悪玉菌の増加を制御して、歯周病菌を減らします。

また、歯周病菌が歯茎の中に侵入して、血管の中に入り込んで全身に回るのを、防ぐことも可能です。

3-2:口の中での定着率が高い

口の中には元々、善玉菌と悪玉菌が共存しています。

そのため、善玉菌のロイテリ菌は口の中でも、持続的に効果を発揮します。

3-3:歯周治療との組み合わせで効果的に菌を除去できる

歯石を除去する歯周治療と組み合わせて治療をすることで、効率的に口の中の状態を良くすることができます。例えば、ロイテリ菌には抗菌作用があって、歯茎の炎症や菌を減らす働きをするので、歯周治療だけの場合より、口の環境改善の手助けになります。

3-4:歯石形成の抑制

ロイテリ菌は、口の中に善玉菌を多くある状態を作り出すことで、歯周病菌が歯石を作り出す隙を与えないように抑制してくれます。

3-5:副作用が無い

ロイテリ菌は、母乳由来の乳酸菌から出来ているので副作用はありません。

また、本来ロイテリ菌は、人が元々持っている菌なので、身体が異物として反応することがないのです。

そのため、妊娠中の方や全身疾患の方、小さな子供からお年寄りの幅広い世代まで、安心して使用することができます。

 

3-6:善玉菌を減らさない

過度な歯磨きや、うがい薬をすると、口の中の善玉菌まで除去してしまう可能性があります。しかし、ロイテリ菌は善玉菌を減らすことなく、悪玉菌を抑制しながら善玉菌を増やしていくことで、口の中の菌を上手にコントロールしています。

4 薬を使って歯周病が治る時代

今、口の中の菌に多くの注目が集まっています。

菌に対する医療の研究も進み、薬を使って歯周病を治す時代がやってきました。

しかし、まだ研究は途中段階であり、歯周病の状態によっては、薬だけで治すことは難しく、薬と一緒に歯周治療を行うことが必要になります。

 

薬は歯周病治療を頑張っている方の手助けをしてくれます。

自分にも薬が使えるのか、まずは、担当医に相談してみることから始めましょう。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する

関連記事