「入れ歯+インプラント+磁石」の磁性アタッチメントデンチャーとは?

多くの入れ歯は、食事の際にずれてしまったり動いてしまったりして、うまく噛めないことがあります。

時には会話中に入れ歯が外れてしまうことも。

 

そんな状態では安心して日常生活が送れませんよね。

それを解決してくれるのが「磁性アタッチメントデンチャー」という入れ歯です。

 

この記事では磁性アタッチメントデンチャーについて詳しく解説します。

 

目次

1 磁力によってさらに安定性が向上!磁性アタッチメントデンチャー

1-1 インプラント併用の磁性アタッチメントデンチャーとは

磁性アタッチメントデンチャーは、口のなかでの安定性を向上させるために磁石を埋め込んだ入れ歯のことです。

歯根に支えの金属を埋め込み、入れ歯側に磁石をセットすると、磁力によってがたつきの少ない入れ歯になります。

 

もちろん、部分入れ歯に利用すれば、金具を使わずに見た目のよい入れ歯が作れます。

1-2 磁性アタッチメントデンチャーの特徴

磁力による密着なので、長期間にわたってその維持力は失われません。

またインプラントオーバーデンチャーのアバットメントのように突出していないため、よけいな負担もかかりにくくなっています。

口のなかでの安定性がよいため、しっかり噛めて、しゃべりやすいです。

また、入れ歯をはめたり、外したりするのも簡単です。

 

自分の歯根があごの片側に残っており、反対側にインプラントの歯根があれば、左右のバランスがよくなり格段に安定性が向上するなど、さまざまな応用ができます。

部分入れ歯から総入れ歯まで、インプラントを併用した磁性アタッチメントデンチャーは、今までの入れ歯のイメージを覆して、さまざまな可能性を開いてくれるでしょう。

 

ただし、病院でMRI(磁気共鳴断層撮像法)をする時は注意が必要です。

入れ歯に内蔵した磁石が影響を受けて使えなくなってしまいます。

 

その他、心臓にペースメーカーを入れている方は、入れ歯の磁石がペースメーカーに影響してしまうため、「磁性アタッチメント」を使用できませんので注意しましょう。

 

ペースメーカーを使用されている方は、次に紹介する「インプラントオーバーデンチャー」がおすすめです。

 

2 総入れ歯の悩みを解決する|磁力を使わないインプラントオーバーデンチャー

では、インプラントオーバーデンチャーについて詳しくみていきましょう。

2-1 インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャー(IOD)は、「インプラント+入れ歯」のハイブリッドデンチャーです。

 

治療の方法は、まず外科的処置によってあごの骨に2~4本の人工歯根を埋め込み、そこに人工歯根に取りつけた支台になるアバットメントを入れ歯に差し込むというものです。

2-2 インプラントオーバーデンチャーの特徴

インプラントを土台にすることで入れ歯が安定し、「噛みやすく」「外れにくく」なります。

また、磁石を使用しないためペースメーカーをご利用の方も使用できます。

 

2~4本のインプラントで全ての歯を固定できるため、普通にインプラント手術をするよりも費用が抑えられ、身体への負担も少なくなります。

舌を動かしてもずれないので、声も出しやすくなります。

 

また、総入れ歯だけでなく部分入れ歯にも活用できます。

入れ歯を固定するための金具を使用せずに入れ歯が作れます。

とくに真ん中から4番目までは笑うと金具が目立つので、見た目がよくなるのはメリットでしょう。

 

取り外しも簡単です。

食事のあとなど、手軽に外して入れ歯や支台であるアバットメントの清掃がていねいに行えます。

2-3 支台(アバットメント)の種類によって使用感が変わる

インプラントオーバーデンチャーの人工歯根に取りつける支台(アバットメント)にはいくつかの種類があります。

入れ歯との連結方法がそれぞれ異なり、着脱のしやすさや口のなかでの安定性に違いが現れます。

2-3-1 ロケーターアバットメント

キーパーといわれるキャップ状の部品を入れ歯側に取りつけ、人工歯根側にぴたっとはめ込みます。

アバットメント上部の形状は、メーカーによって左右されずにどのようなキーパーにも対応可能です。

 

特徴は維持力が適切で調整や交換が容易なことです。

はめる際にそれぞれの角度が平行に近いほどすっと装着できますが、比較的角度に対して寛容で40度以下であれば使えます。

 

2-3-2 ボールアバットメント

アバットメントの先端がオス型のボール状になっており、入れ歯側に取りつけたメス型のハウジングをはめます。

入れ歯をスムーズにセットできて、装着後の安定性が高いのが特徴です。

 

3 まとめ 磁石の力を入れ歯に利用してより楽しい食生活を送る

磁力を使った磁性アタッチメントを装着すれば、合わない入れ歯も安定し、今まで以上に食事や会話がしやすくなります。

 

部分入れ歯の場合はさらに幅広い応用が可能です。

笑った時に美しい口元を追求しましょう。

食事や人とのコミュニケーションを楽しめれば、ライフスタイルをより豊かにできるでしょう。

 

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する