「入れ歯+イプラント」のハイブリッド:インプラントオーバーデンチャーとは?

総入れ歯の悩みを解決に導く、入れ歯とインプラントを組み合わせた「インプラントオーバーデンチャー」。

総入れ歯の食べにくさや話しにくさといったデメリットを軽減して、楽しい日常を取り戻したい方に適したインプラントオーバーデンチャーの特徴について解説します。

 

あわせて、歯を失ったときの治療の一般的な選択肢である、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つについても説明します。

目次

1 総入れ歯でも食事を楽しみたい!インプラントオーバーデンチャー

「インプラントオーバーデンチャー」は、入れ歯とインプラントを組み合わせた治療法です。

総入れ歯になっても口のなかでの動きを最小限に抑えて固定することで、食事の楽しみや話しやすさを取り戻せる可能性があります。

 

生きていくうえで、大切なことのひとつが食事です。

「楽しみ」と「健康」の両面を支えてくれます。

「いかにおいしく食べられるか?」は治療法選びの大きなポイントになるでしょう。

 

また、コミュニケーションをとるうえで、会話は欠かせません。

総入れ歯で話しにくくなり人と会うのが億劫になれば、人生の楽しみが半減してしまいます。

 

それらの悩みを解決に導く可能性がある、入れ歯とインプラントのハイブリッドであるインプラントオーバーデンチャー(Implant Over Denture=IOD)について解説します。

1-1 インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャー(IOD)は、「インプラント+入れ歯」のハイブリッドデンチャーです。

治療の方法は、まず外科的処置によってあごの骨に2~4本の人工歯根を埋め込みます。

このあと、型取りして入れ歯を作成。

完成した入れ歯に、人工歯根に取りつける支台になるアバットメントを差し込みます。

 

総入れ歯は何の支えもなく歯肉に固定することはできませんが、IODは骨に埋まったインプラントによって支えられます。

 

通常のインプラント治療では、人工歯根に小さなネジを用いて支台となるアバットメントや人工歯を固定します。

自分でとりはずしは不可能です。

IODでは、通常の総入れ歯と同じように、気軽に取りはずせます。

1-2 インプラントオーバーデンチャーの特徴

通常の総入れ歯は歯茎に被せているだけで固定されているわけではありません。

そのため食べ物を噛んだ時などに動きやすいというデメリットがあります。

インプラントオーバーデンチャー(IOD)は人工歯根を骨に埋め込んだ土台に入れ歯を固定できるので、動く心配がありません。

 

支えのない総入れ歯は、沈みこむため噛み切る力は弱くなりがちです。

IODを使えば、食事がしやすいだけでなく、しっかり噛むことで胃腸への負担も軽減できるでしょう。

舌を動かしてもずれないので、声も出しやすくなります。

 

また、総入れ歯だけでなく部分入れ歯にも活用できます。

金具を使用せずに入れ歯を使えるため、審美性にすぐれています。

 

また、通常のインプラントの場合は歯と歯が隣接しているので清掃が難しいですが、IODは自由に取り外しできるのでお手入れが簡単です。

 

インプラントと総入れ歯の両方の治療が必要なため、治療期間が長くかかります。

また費用もインプラントに加えて入れ歯も特別な加工が必要なため保険適用の総入れ歯よりも高額です。

2 インプラントオーバーデンチャーを分析|ブリッジ・入れ歯・

インプラント解説

インプラントオーバーデンチャー(IOD)の特徴を深く知るために、歯を失ったときの一般的な治療法であるブリッジ・入れ歯・インプラントの3つについて、メリット・デメリットを解説します。

特に深く関わるのが、総入れ歯とインプラントの治療です。

 

歯を失うと、見た目が気になるうえに、食事がとりにくくなり気持ちが落ち込みがちになります。

治療法を選ぶうえで、コストや口のなかの痛み、治療期間、見た目、食事が気になるポイントではないでしょうか。

インプラントオーバーデンチャーは、ブリッジ・入れ歯・インプラントのデメリットを補いえる治療法といえます。

 

インプラントオーバーデンチャーを詳しく知るために、ブリッジ・入れ歯・インプラントの特徴を解説します。

 

2-1 ブリッジ

ブリッジは欠損した歯の部分を橋渡しするように、隣の歯を削り土台を作り、連続した人工歯をかぶせます。

保険適用は材料の種類による以外に、欠損した歯の場所や数によって決まりますので、歯科医によく相談しましょう。

 

ブリッジは歯があったときと同じように食べられて、違和感は少ないです。

一方で、虫歯でもない健康な歯を削るには、心理的な抵抗があるでしょう。

また、土台の歯の根元は歯間ブラシを使ってていねいに掃除しなければ、虫歯になりやすい部分です。

2-2 入れ歯

部分入れ歯は残っている歯に金具をひっかけて固定でき、比較的短期間で作れます。歯を抜いたばかりであれば、歯肉がかたまってからになります。

すぐに作ると、歯肉の形状が変化してしまい、短期間であわなくなるからです。

取りはずしができるため、衛生的に使えます。

 

前歯に近いところは、笑ったときに金具が目立つので、恥ずかしい気持ちになるかもしれません。

歯肉に樹脂がかぶさるような形状のため、慣れるまで口のなかに異物感があります。

自費の入れ歯は金属を使用するため薄く作ることが可能ですが、最初は食べるのも慣れないでしょう。

総入れ歯は、歯を削ったり歯に金具をひっかけたりしないため、手軽に使えます。

歯で固定できないので口のなかで動く、というのが大きな特徴です。

部分入れ歯よりも形状が大きく、口のなかの違和感はさらに強いでしょう。

 

上あご全体をすっぽりと覆うので、食事で大切な「食感」を楽しめないという方もいます。舌が動かしにくいせいか、話しづらい場合もあります。

 

上の入れ歯は上あごの粘膜に吸い付いて、新しい入れ歯はピッタリ合っているので、はずれにくいです。

下のあごは細くてただ乗っかっているような状態のためずれやすく、細かい傷がつく場合もあります。

2-3 インプラント

インプラントは「移植」という意味の言葉です。

歯科治療では、あごの骨に人工歯根を埋める治療法を指します。

ブリッジのように隣の歯を削らずに歯を作れて、失った歯と同じ機能を再現できます。

また、ブリッジは失った歯の数によって残った歯に負担がかかりすぎるため、作れないときがありますが、インプラントは歯の残り方と関係なく治療可能です。

 

口のなかの違和感はほとんどないでしょう。

見た目の自然さや食べる楽しみは元の歯と同じか、もしくは噛み合わせの調整をしたり、歯の色を選べたりするので、他の治療に比べて審美性・機能性が高いです。

骨に人工歯根を埋めるので、外科的な処置が必要で、怖いと感じる方がいるかもしれません。

人工歯根にアバットメントという支台を取りつけ、さらに人工歯をかぶせます。

治療期間は入れ歯やブリッジよりも長期にわたります。

インプラントは保険適用ではありませんので、費用が高くかかりますが、歯科医院によって異なりますからよく相談してみましょう。

 

ただ、すべての歯をなくし、顎全体に歯根を1本ずつ埋め込んでいく処置は身体的にも経済的にも負担が大きくなります、

3 まとめ インプラントオーバーデンチャーで食事やコミュニケーションを楽しむ

従来の総入れ歯の「食べにくさ」や「話しにくさ」は、インプラントオーバーデンチャーで改善可能です。

あごに数本のインプラントを埋め込むことで、入れ歯を動きにくくします。

食べやすくなれば、食事が楽しくなり、家族や友人とのひとときが充実するでしょう。

また話しやすくなることで、生き方そのものが前向きになることも期待できます。

この記事が気に入ったら「評価」ボタンを押してください!

★★★★★

評価する